スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013読書

『重曹のあるくらし』岩尾明子

重曹のあるくらし―掃除、消臭、洗濯、ボディケア…今日からはじめるラクチンエコ (MARBLE BOOKS)重曹のあるくらし―掃除、消臭、洗濯、ボディケア…今日からはじめるラクチンエコ (MARBLE BOOKS)
(2008/11)
岩尾 明子

商品詳細を見る

ちょっとちょっと~皆さん知っていました???
この重曹パワー!!!

例年年末にホームセンターに行き、流行の強力洗剤をあれこれ
買い揃えて大掃除のやる気を出す。が、今回は先日試した
重曹お掃除が楽しくて、(前回の記事はこちら☆☆☆
もっと詳しい情報を知るべくこの本を借りてきた。

「そんな~エコっていっても労力がかかるのは嫌なのよ!」と、
半信半疑ながら1kgも買った重曹を消費すべく試してみた。

奥さん、これがちょっといいのよ~(おばちゃん風手招き)

この本の著者は、重曹教信者ここまではムリと思う。
だって、掃除、洗濯、料理、歯磨きも洗顔も重曹でやってしまう

でもいくつか試して目から鱗が落ちた事実もあり。
まず食器の茶渋。指につけてスリスリするだけで取れた。
レンジの焦げ付きも前回の報告どおりスッキリ。
台所まわりの油汚れは、水溶水を作っておけば、
料理の後かたづけのとき簡単。
気になっていたカーペットのシミも匂いも
きれいさっぱり取れてサラサラ爽やかに。

漂白しても擦ってもどうしても落ちなかった、
夫のワイシャツについたガムテープ(赤)の粘着シミ
重曹と石けん熱湯でなかったことに。(よかった捨てなくて)

一番のビックリは、
衣類のリフレッシュナーがエタノールとエッセンシャルオイルで
作れること。これが好きな香りで作れて快適帰宅時にシュシュ!
カーテンにシュシュ!部屋干しの洗濯物にシュシュ!

私も重曹教に入信しようかとしていたら従姉からメール。
「スーパー主婦のTV番組やってるよ」さっそく見てみたら、
重曹よりさらにパワーがありしかもエコな
『セスキ炭酸ソーダ』がこの年末の一押しだと
最先端スーパーエコ主婦恐るべし!


スポンサーサイト

2013読書

『やめたら、お家スッキリ!』 佐光紀子

やめたら、お家スッキリ!―モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒントやめたら、お家スッキリ!―モノと手間がグンと減る「楽チン生活」70のヒント
(2006/01/23)
佐光 紀子

商品詳細を見る

さあさあ、例年よりも随分早く大掃除に取りかかった。
大掃除といっても、まだ物の見直しからなのですが・・・

来年こそは、『ピンポーン』とたとえ誰が訪ねてきても、
「どうぞ上がって~」と、いつでも言える家をめざしたい。

そういう掃除の行き届いた家にするためには、
掃除しやすい事が第一だ。
何冊もそういう関係の本を読み、何回もこのブログに書いているのに、
また、手にとってしまった関連本。
捨てられない私は、何回も自分に言い聞かせる必要があるのだ

確かに今までの主婦生活で、
この本にあるように既にやめているものも多い。

例えば電気ポット、お風呂マット、ビデオの録りだめ、
雑誌の切り抜き、アイロンがけ、布巾の煮沸消毒、100円ショップ、
ビニール傘、福袋、おまけをもらうこと・・・

他には柔軟剤、ハンドソープ、洗剤類はリストラ、
化粧品はメーカーを統一し、マスカラ、アイライン、ビューラー、
アイブロウペンシル、髪のスタイリング剤もやめた。
(あきらめの心境??でもメイクはしている

以前、炊飯器、電子レンジをやめていたこともあった(鍋炊き)。
三角コーナーも洗い桶も。でも洗い桶以外は復活している。

この本では、もっともっと合理化しているな~。
整理整頓、掃除しながら考えてみよう。「これが無かったらどう?」

白状しますが
今私は、現実逃避しています。
それが、この大掃除なのかも・・・

今週中に提出しなければならない報告書が2件あるし、
年賀状はプランもまだです。(年賀状をやめた人が少し羨ましい)

2013読書

『私のうちには何にもない』 ゆるりまい

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますわたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります
(2013/02/28)
ゆるりまい

商品詳細を見る


この方のブログを知ったのは、
私が断捨離を決行しようと決意したころ。
友人が「イヤイヤ世の中にはすごい人がいるよ~。一回ブログ見て」と
教えてくれた。そのブログはこちら☆☆☆ ビックリ!!

こんなに物がなくても生活・・・というか生きていけるの?
ずっこけました。 物への執着が全くない。

貧乏という訳ではないみたい。ただ気に入った物だけを厳選し、
100個の必要ない物を置くより10個の好きな物だけにするポリシーだ。真似はもちろんできない。でも気に掛かる。何故ここまで?

ブログによると本を出版されたようなので、
さっそく図書館で確認すると、大人気で予約必須だった。

やっと手にしてみると、マンガだったのね・・・。
でもその方が簡潔に状況が理解できて何故ここまで
まるで「物」を憎んでいるのかと思えるほど減らすのか納得。

それは、幼少期からの家庭環境と被災記憶
そしてたぶんストレス解消と可愛い猫2匹のため

そうなんだ。副題には「物を棄てたい病」とあるが
この方は別に病気ではない。ちゃんと理由があり、生き方だ。

ここまでは減らせないけれど私も年末に向けてもっと
家の物を見直そう。保管している理由を考えて見よう
そうすれば、大掃除ははかどるだろう


2013読書

『ニッポン西遊記』古事記編 鶴田真由

ニッポン西遊記 古事記編ニッポン西遊記 古事記編
(2013/09/12)
鶴田 真由

商品詳細を見る

ある日テレビをつけたら、著者鶴田真由が出演していた。
久しぶりでちょっと懐かしいなと思って見ていたら、
この本のプロモーションのようだった。

その顔(表情)が美しくて目が離せなくなった。
もちろん元々美人ではあるけれども、
内面の美しさ?充実感?幸福?何でしょう?
ちょっと観音様のようにも見える。

この人ってこんなに輝くオーラをもつ人だったっけ??
ちょうど“古事記”にも興味があったので本を読むことにした。

著者は、アフリカ開発会議TICAD Ⅳの親善大使をしたことで、
天皇陛下御即位20周年祝賀式典のお招きを受け、3万人の人々が提灯方手に国旗を振る様子、両陛下の神々しいお姿。皇居の大きな松の木を目にし圧倒され、日本という国への興味が膨らんでいったと前書きに記している。

そして同じく古事記に興味を持ち、偶然ご縁があった仲間(孫悟空、猪八戒、沙悟浄)達と、古事記を紐解きながら旅をすることにした。

瀬戸内の小さな島から始まり、琵琶湖の竹生島、九州高千穂峡、
長野戸隠、もちろん山陰にも。八重垣神社、大神山神社、出雲大社、
加賀の潜戸、美保神社。そして高千穂峰登山、その後奈良の十津川から
熊野本宮大社、熊野那智大社、那智の滝、最終伊勢神宮へとたどり着く。

その間の仲間達と面白おかしく行く旅の様子や
遭遇した「不思議」や「偶然」のできごとを記してある。

古事記は、大昔の神話だけど完全なフィクションではない、
史実(?)として今もその土地に守られ残っているのだと知った。

「古事記」に素直な心で向き合う著者の顔の輝きに、
合点がいった。ようは素直さだ。

2013読書

『首のたるみが気になるの』 ノーラ・エフロン

首のたるみが気になるの首のたるみが気になるの
(2013/09/26)
ノーラ・エフロン

商品詳細を見る


シュールなタイトルのこの本は、
『恋人達の予感』『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』など
メグ・ライアンの映画の脚本、映画監督を務めたラブコメの女王、
ニューヨーク在住の女性ライターのつぶやき。

翻訳が、阿川佐和子さんというところにも注目。
後書きは、安藤優子さんだ。
身近な年上女性の日常的ドタバタなお悩みの本音がギッシリ。
真面目な語り口が面白かった。

「老いることは素晴らしい」なんて言ってる人誰?
アンチエイジングにどれほどのお金と時間を使っていると
思っているの!!首はたるむし、目も歯も悪くなる。
バッグの中は、いつもグチャグチャになるし。
見つけたい物は家中どこを探しても見つからない。
体重は増えるけど、運動をしたら身体を壊す。

とにかく、美容、料理、子ども、住居、昔の恋、
すべてに毒舌で悪態をついている。それが爆笑を誘って明るい。
こんな風な本音の60代を過ごしたいと思わせる。

ニューヨークの一等地に住み、完璧な仕事とカリスマ性を
持ちながら自分を皮肉って人を笑わせる。
老いをこんな風にとらえたら面白いと感心した。

カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。