音楽

危険すぎる野外ライブ

       夏の大創業祭2015
な~んて、バーゲンセールのようなタイトルの野外ライブに行って来ましたよ愛しの福山雅治さまデス。人生初の野外ライブ。
    IMG_1229.jpg
この時期危険だとは思っていたけれど・・・暑さが尋常じゃない。連日救急車出動がニュースになっています。体力がないのも自覚しています。けれど!けれど!友人に『私達の王子様のチケット取ったで~!!』とお誘いを受けて断るはずがない

開演午後5時なのに開場が2時半から。
そんなに早く?まあ、早めに行ってライブグッズでも買おうかな
暑いし開演1時間前に到着すればいいよね。
しか~し甘かった長居スタジアムまでの地下鉄は通勤ラッシュ並みの混雑で、すでに“福山グッズ”を持った又は着た人で満杯。開演の5分前にしか席に着けなかった。
この日大阪の最高気温は37.5℃で私達の席はまともに西日が当たる灼熱地獄5万人の体温と盛り上がる会場にクラクラ
     
     img004.jpg

真夏の野外ライブにちなんで、夏の曲コーナーや25周年記念ならではのヒット曲シリーズ、ドラマ主題歌の新曲披露など気温とともに私の体温もボルテージも上昇を続け花火があがった時には気を失いそう本当に野外ライブは危険でした

     img005.jpg

音楽

ダンシング・チジ♪

関西から来た者としては、鳥取県民はおとなしいイメージだ。
言葉も行動も優しくて穏やか。
なので、私はいつも自分ががさつに見えるのではないかと気を揉む。

そんな鳥取県民の代表である平井知事は、
明るくて行動的でいつも元気いっぱい。エネルギーに溢れる人。
今度は、県のアピールのためにダンスまで披露。



知事は手話もできる人なので踊りながも披露。
さすがに全国初の手話言語条例を制定した県!
ゆるキャラも旅館の女将も県職員もAKB48気分。
観光地をPRしながら、とっても楽しい動画に仕上がっていて、
笑える

嬉しい。全国の皆さんこの動画をみて鳥取に遊びに来てね

音楽

おセンチな秋の雨やな~

9月の雨

いっきに秋が早足でやってきて乙女はおセンチな気分に。
そうよ。見かけは充分におばさんだって心はあの頃と同じ。(誰?)

きょうは、大好きな人と会えた。(約10秒だけど)
それで、こんなにトキメクのだから
乙女と言ってもおかしくない。(いや笑える)

は~
ため息をついていたら、ラジオからこの曲が流れた。

徳永英明の『レイニーブルー』
この名曲を知らない人に歌詞はこちら⇒★★★

ホンマにおばさんの乙女心に寄り添う歌やわ。

読んでくれた方すみませんでした。


音楽

『PULSE YONAGO MINI LIVE』 ぶどうの木

米子で友達になった方がヴォーカルレッスンを受けているクラスの
ミニライブを楽しむため、米子市内のレストランに行ってきた。

場所は『レストランぶどうの木』 HPはこちら★★★
米子市米原8-13-22
℡:0859-23-0777
ぶどうの木ジンジャーエール


ワンドリンク・オーダー制だったのでジンジャーエール(¥380)を
本物の生姜の味がして爽やかな気分のうち始まった
書いとかないと水割りだと思うでしょう~?昼間やし!

一人ショットツタヤの彼

素人さんの歌だからと高をくくってたら大間違い
20代~60代の生徒さん9人がまずはソロで熱唱。
そしてコーラスへ
イエスタデーワンスモア アメイジンググレイス

TUTAYAの彼も、主婦も、白アリ消毒のプロも、学生も、ロッカーも
皆輝いていた。
なんでも、ビリーブートキャンプ並の訓練で腹筋のインナーマッスルを
鍛えるらしいどうりで芯のある歌声。

最後は先生お二人のセッション
ヴォーカルレッスンの白築純先生とギターの安田ユウイチ先生
白築純先生 安田ユウイチ先生

先生達のプログラムはまたまた圧巻だった。
なんと『安来節』をジャズ風にアレンジして
ピアノヴォーカルとエレキギターだカッコイイ~

すっかりファンになってしまいました。
たっぷり2時間以上
たった¥380で聴かせていただいて申し訳なかったです
8月にはコンベンションで発表会されるとの情報。
絶対に聴きにいきます!!
歌が下手でカラオケのお誘いも拒否する私には眩しい方達でした。 

レッスンお問い合わせ
ヤマハPULSE米子楽器社 (HPはこちら☆☆☆
鳥取県米子市東福原5-1-50 TEL0859-33-8881 
AM10:00~PM8:00 定休日 水曜日

音楽

『the standards』 ビル・エバンス

Waltz for DebbyWaltz for Debby
(1987/01/01)
Bill Evans、Scott LaFaro 他

商品詳細を見る

しっとりとしたジャズピアノビル・エバンスの名盤・・・

アマゾンでは、もう私の持っているアルバムは売ってないので
違うアルバムを載せてしまいました(ごめんなさい)。
私のCDにも収録されている代表的なワルツ・フォー・デビイ。

私の持っているのは“the standards”でそのとおりジャス入門盤
このCDをくれた人とは心斎橋のヤマハ音楽教室で会った。
音楽教室といってももちろん子供用の
ドレミファソ~ラファミッレッドではない。

大人が好きな楽器で好きな曲を練習しましょうというコース。
私はポピュラーピアノのコースで初めてコードというものを習った。
それまで、クラシックのバイエル⇒ソナチネ⇒ソナタと練習した私、
9年間も習ったのに・・・
何か弾いてと言われてもすぐ演奏できる曲もなく残念に思い
ピアノを気軽に弾いてみたかった。

その時サックスのコースにいた人が、
ピアノは1曲だけ弾けるよと言って軽やかに素敵な
このワルツ・フォー・デビイを弾いてくれた。けっこう難しい。
この曲が好きで好きで家の近所のピアノの先生に頼み込んで
特訓してもらったらしい。すごいな積極的な生き方。

私がジャズは全然知らないというと、このアルバムをくれた。
枯葉、いつか王子様が、そしてワルツ・フォー・デビイ・・・
このCDを聴くと、その人の音楽を楽しむ姿勢を思い出す。
もう20年以上前のことだけど、きっと今も
幸せな人生を送っていると思う。
カウンター
プロフィール

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ