スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでかけ鳥取県

みるくの里から神田カントリー

関西では考えられないけれど、
米子では、週末でも当日予約で余裕でゴルフができる。

だからきょうは、天気を確認して午後からゴルフすることにした。

ゴルフ場は大山中腹にある『神田ゴルフクラブ』
ラウンドは1時半から休憩なしの18ホール・ショートコース。

せっかく大山に行くので(米子市から40分)『みるくの里』にも
立ち寄った。ソフトクリームを食べるために
みるくの里から大山

みるくの里

大山の裾野には美しい弓ヶ浜が見える

弓ヶ浜

ちょうど目の前の牧場の牛達のお食事タイム。
いっぱい集まってきた。

牛1JPG

実はあんまり牛を間近で見たことがなかったけど、
想像よりかわいかった 
当たり前だけど本当に「モー」と鳴いていた。

牛2
牛4

今回もやっぱり肝心のソフトクリームの写真はなし
絶品のソフトは乳脂肪分が多くて濃いのですぐ溶けるのだ。
だから買ったら即、口に運ばなくてはいけない。
手には垂れてくるし、下手したら服にまで・・・
今までに5、6回は食べているが、
1滴もこぼさずに食べられたのはたった1回だけ
今回も手が・・・そして地面に2滴!!写真撮影のタイミングはない。

大騒ぎして食べて、ゴルフ場に。

神田カントリー

新調した3番ウッドをデビューさせた。
前のよりずっと打ちやすい。
きょうはピッチングの練習がよくできた

みるくの里
鳥取県西伯郡伯耆町小林2−11
0859-52-3698
HPはこちら☆☆☆

神田ゴルフクラブ
鳥取県西伯郡名和町加茂3216
TEL 0859-54-2181
FAX 0859-54-2485
HPはこちら☆☆☆
スポンサーサイト

その他

健診受診券

米子市から『健診受診券』が送られてきた

そう“がん検診”です。
もう何年も受けていないし今回は真面目に受けようと思っています。
会社員なら保険組合から半強制的に受けさされるけど、
主婦は受けなくても別になんら問題はない(誰からも叱られない

あの大病は、脳外科の分野だったので、
こういった一般の健診では発見されない部類だったのだけど・・・。

だけど、自分の健康管理は自分でしなければしょうがない。
病気の恐さを知っているだけに『早期発見早期治療』だ
こうやってわざわざ葉書を送ってくれて、
健康保険で補助していただけるのだから、日本人でよかった

でも、会社で受ける検診とは違いなんと面倒なことか。
各項目ごとに違う日に違う場所にいかなくてはダメだ
予約も必要だし・・・つい文句を言ってしまう。

しかも私は、ここ米子の土地勘がないのでその検診場所が
どこにあるのか きょうじっくりと地図とにらめっこ。
なるべくお金を掛けずに検査を受けようとしたら、
なんと5カ所(5日)巡らなくちゃ。う~ん面倒くさい

お金のある人なら人間ドックへ。会社員は会社の指定の日。
ほぼ1日で終わるでしょ。

でも期限は今年年末までだから気長に計画的に回りましょう
安心のためにね。

驚いた事

いのちの贈りもの作品展

こういったこと。
知識として知っていても、本当のところ理解することは難しい。

生まれながらにして臓器などに障害があり、
両親やドナーから提供されたことを少し大きくなってから
教えられた子供達。

移植のため、海外に渡りドナーが現れるのを
待つことを理解している子供達。

ぬけぬけと大人になった私、始めて知ったような・・・

子供達の生き生きと生命力あふれた絵画や詩。作文。
心揺さぶられました。

いのち~2
いのち~1

イオン日吉津で6月27日までその後、鳥取市で展示があります。
お買い物ついでにどうぞ見てみてください。

夫は、せめて・・・と献血に行ってました。

おでかけ鳥取県

ガイナーレ鳥取第20節

最近ずっと負けてるしな~
きょうも片道1時間半も掛けて応援行く?どうする?
なんて・・・マイナーな気分でスタジアムへ。
でも初のナイター観戦だ そこが楽しみ。

相手はギラヴァンツ北九州格下だ!!

スタジアム外
まだまだ明るい スタジアムの外でいつもおやつを買う。
きょうは・・・白バラコーヒー牛乳500ml・台湾やきそば・大山バーガー

いつも200mlを飲むけど、なぜか安かったので迷わず500ml
20130308182320_1[1]
旗JPG
キャラクター
ガイナガールズ
いろいろイベントが始まると楽しく なってきて
バーガーにかぶり付き、コーヒー牛乳をがぶ飲み おいしーい
ホーム応援

応援団も頑張っている~

あれ?ん?鳥肌が立ってきた・・・ そこまで嬉しいわけでない

うぅ~差し込みが・・・
冷え症の私、たまに冷たいものを飲むとこんな風になる。
キックオフは見られなかった・・・ きょうは涼しかったしな~。

初ナイター観戦。気を取り直して応援「ゴーゴー!!走れ~!!」
本当は首に巻くサポータータオル、お腹に巻き付け温めながら叫ぶ。

ナイター月

もう 負けたやん。お腹は痛いし負けるしー

嬉しい事

メアド変更

先週Yさんから、携帯アドレスの変更メールが届いた。
もちろん、そんなことはよくあることで普通は別に驚きもしない。

ただ、この人のアドレスはとうに私の携帯から削除していて
連絡が取れないことを悔やんでいた人だったからビックリした。

Yさんは、2年半前に同じパート先で働いていた同僚だった。
私は、1年しかそこで働かなかったが、
今思えば、病気の発覚前でかなり体調が悪く体力・能力が最悪の時。
経営者の方にも注意されるばかりで、意気消沈し退職することに。

ところが、私が辞めることをきっかけに、経営者への不満が爆発
Yさんや、他のパートの方達もゴッソリ同時に退職することになった。
しかも辞める時には、労基法に違反していた経営者への支払い請求を
全員で起こし、内容証明郵便で送りつけた

Yさんとは、同じチームで仕事をしていて仕事上のフォローも
かなりしてもらい、迷惑かけ通しのまま、お詫びもそこそこに
辞める全員で書類を作成するため裁判所で会ったのが最後。

メールやりとりもせず、その後夫の転勤で米子に移転したことも
知らせず、気が付いたらその時の同僚達のアドレスは全部
いつの間にか削除していたのだった。

私は、このパートを辞めて間もなく更に体調が悪化し、
毎日ボーと家で座り込んで過ごしていた。
その後、転勤となりボーとしたまま米子市にやってきたのだが、

病気で倒れた後、いろんな事に感謝する気持ちになり
過去を振り返ったが、そのときお詫びしたい人として
思い浮かべたのが、Yさん。
しかし謝るにもアドレスがない諦めていた。

そんな2年半振りに、Yさんからのメール。
正直迷った。別にわざわざ蒸し返しても、Yさんも不快かも・・・
一晩考えたが、私の自己満足とはいえ、
やっぱり謝っておこうと決めた。そしてお詫びメールを出した。

そうすると、とても心の込められた返信をいただいて
嬉しくて、目頭が熱くなり心が軽くなった。

また会うことが有るか無いかは分からないが、
こういう心が通う瞬間があったことに感謝し、
これからは、一期一会に気持ちを込めて生きていこうと思った。

     

おでかけ米子+花回廊

第2回大山ワンダー・エコツーカレッジ

昨日の雨雲を被ったどっぷり梅雨の大山
第2回目のエコツーカレッジには、レインシューズで参加した。
IMGP0930.jpg
今回は、大山・中海の自然環境を学んだ。まずは、だ。 

確かに奈良から転居してきた時に風が強くて驚いた。
帽子なんて留め具を着けておかないと、すぐに飛んでいってしまう。
留め具は、おばさん臭くて嫌いだけど、こちらで観念して買いました

やはり地方から転居してきた人が、傘が何本も壊れたと言ってたので、
うそー!!と思っていたが、私のもやっぱり日傘2本壊れました。

奈良とは全然風の規模が違う。島根半島と大山中国山地に挟まれた
この辺りの低地は風の通り道なのだ。

昔の人は特に冬の北西からの強風を忌み嫌い、
家に築地松(ついじまつ)の囲いを作ったり集落には防風林を植えた。
しかし、その風を利用して北前船の航行をし貿易が栄えたのだった。
ふむふむ。航空写真を見ると良く分かる。

中国の漢の時代から伝わる『風水学』は、
このような風と水(自然界)を読んで災害などを避ける知恵
大山や神社仏閣を鬼門封じとして利用した。

古代の地形図と『出雲国風土記』の国引き神話を照らし合わせたり、
たたら製鉄によって河からの土砂運搬で弓ヶ浜半島が成長した話、
大山や三瓶山の噴火による影響、対馬海峡がもたらすもの、など。

学校の社会科の勉強のようで面白かった。
いえ学校時代は社会科が嫌いでしたけど・・・。

やがて夕焼け おー手てぇつーないで
IMGP0931.jpg

以前受講したブログ記事です。
第1回大山ワンダー・エコツーカレッジ☆☆☆

2013読書

『愛しの座敷わらし』 荻原 浩

愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし
(2012/08/01)
荻原 浩

商品詳細を見る

座敷わらしという妖怪には、なんとなく親しみがある。

何年か前に座敷わらしに会える旅館が、火事になったニュースを
見た時はなんだか、とても悲しかった
そして祠が無事と知って、胸をなで下ろしたものだ。

だからといって会いたいわけでは、ぜんぜん無い。
恐がりの私は、テレビタレントがこの旅館に泊まるテレビ番組も
見ることができなかった。

円流寺の“天井画”の座敷わらし
座敷わらし 水木しげる氏の絵で会えたら充分だ。

米子の私の住居から少し行くとJR境港線があるが、
その一番近隣の駅が通称『ざしきわらし駅』
ただ、未だこの駅を利用したこともないです

・・・と、私と座敷わらしの関係はこのくらいで、この本ですが、
文庫で読んだが、上下巻の長編なのに飽きない。

40代後半の高橋晃一は、うだつの上がらないサラリーマン。
左遷され、田舎の古民家に家族全員連れて移住することにする。

妻の史子はもちろん反対。スーパーもコンビニも近辺にはなく、
憧れのシステムキッチンなんて正反対の生活だ。
嫌いな虫が家の中に入ってくる。隣のお婆さんも入ってくる。

娘、梓美は中2の難しいお年頃。反抗期で親には突っ張っていても
東京では友達がいなくて寂しい毎日。いつも携帯とにらめっこ。

弟、智也は小学校4年。身体が弱く過保護に育っていて、
明るい性格ながら思いっきり走ったりもしたことがない。

姑はそろそろ認知症が始まろうとしていた。昔を懐かしんでばかりだ。

こんな5人が移住して、方言が強くて話が通じないご近所の人々の
なかで、なんとか折り合いを付けて順応していく。
それぞれのキャラクター分けがうまく、
各自の心の内を面白く表現している。
『普通の人々が普通に暮らしているところに幸福がある』
『仲たがいしても、家族が一緒にいられる事が幸せ』
テンポ良く普通の家族の話が始まる。

旅行

関西から山陰ジオパークの旅その5

やっとこの“その5”にしてメーンイベント
鳥取県の日本海側、山陰ジオパークのクライマックスだ

海岸線に添ってカーブの多い山道をひた走る
雨に遭わなくてラッキーだった
ドライブで1
今子浦で泊まってから浦富海岸まで~よく走った。

せっかくなので船からの景色も楽しむことに。
月曜日で小学生5年生の遠足と同船で賑やかで面白い
船
奇岩1
奇岩2
奇岩3
奇岩4
船は結構揺れたので、ポールに捕まっていないと倒れそう。
恐がりの人は乗れないと思う。
私は小学生達と一緒にテンションが上がり
笑いが止まらなくなり、はしゃいでしまいました
奇岩6
奇岩7JPG

こんな所にも釣り人がいる危険な仕事だな~

釣り人
花崗岩が浸食されてできた、すごい巨大な洞門が広がっている。
なにか怪物が出てきそう!!大コウモリとかうーん、とか・・・
洞穴
奇岩9
奇岩10
奇岩11


浜

さすがに島崎藤村も絶賛した景勝地。荒々しく力強い日本海

波
底引き漁船JPG
いかすみ
船乗り場の売店では、イカスミ食品のラインナップ
一番食べたかった、いかカツバーガーが売り切れだったのは残念。
またの機会に

陸に上がり、またどんどん海岸線を米子に向かい西に。

ここは『鳴り石の浜』
河原にあるような丸い石だけでできている自然海岸
波が寄せて帰るのにあわせて澄んだ音が聞こえる~
カラコロ カラコロ カラカラ コロコロ何とも言えない石達の響き。
“よく鳴る”と“良くなる”のげんを担ぐ、縁起の良いパワースポット
鳴り浜1
鳴り浜2

今年は、山陰海岸国定公園指定50周年
このジオ(地球)パークを今年みられて良かった 2泊3日で存分に楽しみました。

旅行

関西から山陰ジオパークの旅その4

昨日は兵庫県をひたすら北上して日本海側へ出たが、
今日は、鳥取県の海側をひたすら西向きに走る計画。

まず、鉄道ファンでなくても見たい『余部鉄橋』
あまるべ道の駅

明治45年に完成し、その後98年間も運用された鉄橋。
平成22年にやっとコンクリートの橋梁に生まれ変わった。
但馬地方特有の不純な天候と、日本海から吹き付ける潮風
腐食しやすくその維持には大変な技術がいったそう。
戦争中の資材不足のなか専属の橋梁守の人々が守ってこられた。
民家のすぐ脇。
民家横
橋脚3本を保存し、展望施設『空の駅』とし観光客を誘致
鉄橋途中
鉄橋真横
日本海の目の前、橋長310.6m 高さ41.5m
空の駅JPG
元の線路JPG
きれいに整備されていても恐い高さがある。
昭和34年に駅が完成するまでは、
通勤の人や生徒は列車通過の合間を縫って鉄橋の枕木を歩いて
1.8km先の駅まで通ったそう。命がけ
ジオパーク1JPG

すごい山道をたどって『日本一高い場所にある灯台』へ。

あまるべ﨑灯台
灯台看板

昨夜のホテルで、ここが良いと教えてもらった『湯村温泉』 
また立ち寄り湯。 ババンバ・バン・バン・バン
 
湯村温泉
湯村温泉湯元

つくり酒屋の道具を展示してあるところを見学。
手に持ったら桶一つでも重かった。頑丈質実剛健のよさ。
酒の道具2
酒の道具1

ふう~まだまだこれから山陰ジオパークを進む。

旅行

関西から山陰ジオパークの旅その3

城崎で日帰り温泉に入った後、とっても面倒だけど
もう一度メイク だってまだまだ日中だもん。日焼けもするし。

そしてまた、どんどん北上
やがて日本海に着いた~

次は、『城崎マリンワールド』
城之崎看板
到着したのは、午後2時前だったけれど
「2時から楽しめるショーの案内」に添って効率よく色々楽しめた。
小さい水族館なのに、ショーが充実していて面白い。工夫されている。
水槽1

トドはアフリカンドラムのリズムに合わせてノリノリで頭をフリフリ
そして岩の上から大迫力ダイブ

トド

セイウチは、太った身体をくねらせて一心不乱に泳いでいる。
エクササイズかな
6歳のときにロシア漁船の網にかかり、
この水族館に来てもう15歳らしい。はるばる来たね。
イルカはTVでも観るのでショーの想像もつくが、
この恐ろしい容姿で、言葉も通じないセイウチを訓練するのは
難しいだろうなと思ったが、大人しくトレーナーに従っていた。

セイウチ

水族館のお決まりといえば、ペンギンの行進

ペンギン

4時過ぎまで大人二人でもたっぷり楽しめた。

ホテル窓から1

水族館から車で1時間ほど、本日のお宿に着いたが、
朝早くから長旅をしてきたので、しかも竹田城登ったし・・・
脚はくったくたで、お腹もぺっこぺこ

さっそくチェックインにフロントへ行ったら・・・
「本日のご予約は頂いてないようですが・・・」
はぁお姉さんの言ってる意味がわからない。
無言でその方と見つめ合った。

3週間以上前にネットで予約を・・・控え控え~えっと・・・
印刷したネット予約の控えを出したら、
それをつかんでバックヤードに駆け込むフロントレディ

やがて上司と思われる男性が出てきて、マジマジと控えを凝視し、
 
「キャンセルになっております」
「・・・誰が?」
「お部屋は何とか用意できても、お食事が・・・」
「まじで?」


何軒も宿がある街なら「他へ行きます!!」と啖呵きれると思うけど、
ここは1時間車で行ってもコンビニもファミレスもない所だ。
夫と二人、呆然としていたら

「何とか7時なら夕食ご用意できます」と男性。

布団部屋で残りご飯のおにぎりをかじってる自分たちを想像したやんか
結婚記念日やっちゅうねん!!!とは心の中で言いました。


ホテル窓から2

でもこのトラブルのお陰で結果はラッキーに。
安い部屋を予約していたが、一番良い部屋にしてくれてこの景色。
お酒サービス券(持ち帰り用も)いただいた。
いえ、決してにらんだりしていません

ハタハタじゃぶ

お食事は人生初の“ハタじゃぶ”、“ハタハタの握り”
白バイ貝の網焼きがものすごく美味しかった。お酒“香住鶴”最高

ハタハタにぎり

夕景の宿。この夕日がうれしかった。

夕日

旅行

関西から山陰ジオパークの旅その2

歳をとって早起きが苦じゃなくなるというのは本当だった。
昨日あんなに飲んで12時過ぎに帰宅(奈良の家)した夫も
5時半には起き出す。
きょうは朝ご飯も食べずに出発して日本のマチュピチュ
『竹田城』に行く予定。(中国道)⇒福崎⇒(播但道)⇒朝来

途中パーキングで朝ご飯休憩をして朝来ICで降りると、
「朝が来る町」と旗がいっぱい立っていたが、
なかなか来そうに無いほど周りを山に囲まれた場所だった。

噂の竹田城まではかなりのハイキングコースだけど、
道はきれいに手入れされていたので、登りやすかった。
別名『虎臥(とらふす)城』と呼ばれたらしく、細長い造りで
南北400m東西100m。天守台の標高は353.7m。

左側の松の木まで城趾は続いている。
竹田城2JPG
竹田城1
季節により早朝には雲海がみられるようだが、この日は
美しい水田の緑と円山川、集落を見て400年前の人に思いをはせた。
竹田城3
竹田城4JPG
竹田城5JPG
竹田城7JPG
竹田城8
まさに天空の城、感動だった。
この後は、ずっと北上しながら日本海まで抜ける予定。

但馬を通り、またお城。本日2城目『出石城』をめざす。
途中、ライダー達が集結している場所を見つけた。
彼らは情報通なので、バイクが何台も停まっている所旨い物あり
但馬せんべい1
但馬せんべい2
やっぱり!!ここは何種類もの海鮮せんべいが、試食自由
しかもコーヒー無料サービスをしていた。
HPはこちら☆☆☆
兵庫県朝来市和田山町市御堂19-2 TEL:079-672-6767
営 業/9:00~18:00 休 日/年中無休

たっぷり試食してお土産も買い、一路出石へ。
出石城1
出石城2
出石城にはきれいな登城橋がかかっていて、城内は神社。
出石城4
出石城3
城下町は観光客で賑わい楽しいお店がいっぱい。
出石5
でも、私達は町外れにある出石蕎麦店『辰鼓櫓』へ。
出石蕎麦
夫は亡き父親と来た思い出があるらしい。
皿そばは、先程の海鮮せんべいにやられて、夫10皿、私5皿で
お腹いっぱい でも美味しくて、そば湯はしっかり飲み干した

兵庫県豊岡市出石町小人13
(0796)52-2260

まだまだ続く今日の旅。
食後の温泉 初めて行った『城﨑温泉』の外湯『鴻の湯』
鴻の湯JPG
鴻の湯2
七つの外湯めぐりのうちの『夫婦円満』に効くお湯だそう。

城崎温泉観光協会HPはこちら☆☆☆

温泉でゆっくり休憩。日本海まではまだまだ遠い・・・


旅行

関西から山陰ジオパークの旅その1

申し訳ないことに(誰に?)結婚23年目を迎え記念の旅行。

昔は私も仕事をしていたので海外旅行など派手に行っていましたが、
今回日本を見直し(お互いも見直すため)車で行ける範囲。

一日目は関西で(いきなり)別行動
夫は合気道どっぷり。私は友人と京都でまったり。
友人に京都に行きたい!!とリクエスト(わがまま)言ったら、
京都で話題の、フレンチを松花堂弁当仕立て
お箸で食べるという、『野村松花堂』を予約してくれた。

流行に敏感で、美味しいものには目がない友人のお薦めだけあって、
食べたことがないタイプのお料理だった。
デザートも凄く凝っていて文章では表現しにくい・・・
美味しくて繊細での味わい

いつもの私らしく、
緊張するお店では写真を撮らせていただくのも気後れして
ここも写真なしですなので
HPをご覧下さい。★★★  京都市中京区山元町418-3 
市役所の近く。人気店なので予約なしでは入店できないようです。

お腹が満たされた後は、散歩を兼ねて
市役所界隈の雑貨店や、新京極や錦市場をそぞろ歩き。

地下鉄で伊勢丹に行って、これまた友人のお薦めで
『加藤まさをの乙女デザイン展』へ。
masao_01_01[1]
masao_02_01[1]

明治30年生まれの大正抒情画家。絵本や楽譜の挿絵を描いていた。
童謡「月の沙漠」の歌詞も作った方。
どっぷり乙女の世界へ。
こういったことは23年連れ添っていても夫とは共有できないよ。

夜まで時間がある友人とビールで乾杯
ここは『omo cafe 』錦市場近くで偶然入ったお店。
町屋を改装したカフェでこちらもお箸で食べる創作フレンチ
omo cafe
カジュアルにカウンターに並んでの食事だったので写真が撮れた
お手軽なお店で味は大満足。インテリアも凝っていて器は信楽。
女性一人のお客さんも大丈夫。
ホームページはこちら★★★
京都市中京区錦小路
麩屋町上ル梅屋町499
075-221-7500

まあ、この友人は夫と知り合う前からの親友。
え~と、30年弱の付き合いかな・・・(ちょっと恐い年月)
これからもよろしくね

ちなみに夫は合気道で汗を流し、仲間と銭湯に行き、
ライブハウスで飲み会をしたらしい。どっぷり男の世界

おでかけ米子+花回廊

ウォーキングのためにある道

梅雨入りしたのに雨が降らない。 連日ニュースでは、
田んぼの水が張れない・・・鮎の生育が悪い・・・など困っている様子。

けれど私にはチャンス。そう。ウォーキング
今の季節に汗をかく運動をしておけば夏バテしにくいと聞いて
朝歩いてみることにした。はい3日坊主です 何の宣言や~?
たまにでも全く歩かないよりはマシと志の低い私・・・

通勤や通学の人とすれ違うと、自己嫌悪(暇人とバレるよね)!!!
だから、公園に行くことにした。公園ならのんびりした人しかいない。
朝がいい。夕方はさすがの私も忙しいことが多いので。

方向音痴なので経路は念入りに地図で調べて、距離も測った。
湊山公園から彫刻ロードの途中までで3㌔ちょっと
家から公園まで歩いて・・・これなら志の低い私も行ける。

スタートは湊山公園外『潮どめ松』立派な松があったようだが、
私が転居してくる前年の大雪で倒れ、現在2世を育成中。
潮どめの松
すぐ日本庭園の池にでる。鴨やサギがくつろいでいる。
湊山公園池
隣は『米子港』
米子港
中海につづく。この水飲み場ビミョー  カエルが吐いた水
水飲み場
中海1
これは、中海に沈む『夕日』をみている像。今は朝なので・・・。
夕日JPG
中海3
県立米子艇庫の前。艇庫の中にはいっぱい舟(カヌー)が入っている。
7月7日米子市民のレガッタ大会があるのは、ここかな。
県立米子艇庫前
県立米子艇庫前2
艇泊場
左側の米子城趾に沿って彫刻ロードが続く。
戦国時代、尼子の水軍が陣取っていたというのが良く分かる眺め。
彫刻ロードJPG
彫刻ロードらしく点在する芸術作品。
彫刻の世界は私には分からないのだけれども、気に入った物だけ写真。
これは一番かわいい『ゆめについて
ゆめについて
嘆いてる?『YUNAGI』 なんか、かわいそう
YUNAGI.jpg
こんな所にひっそりボクシングジム
ボクシングジム
題の想像もつかない『
光
赤いのが『深浦橋』あの下をくぐってもう少し歩いたら折り返す。
深浦橋
彫刻ロード4
彫刻ロード3
岸辺の岩は貝殻だらけ。こんなものも珍しい私。
貝
時々サラリーマンや学生、ロードバイクに乗った人とすれ違う。
戻って湊山公園へ。空豆みたいな『記憶の形象
記憶の形象
湊山公園2
芸術作品、彫刻といえば出雲のダビデ像はどうなったんだろう。
一時ローカルニュースを賑わせていた男性の裸像彫刻。

ダビデ像といえば教科書にも載っている芸術作品だが、
ある公園に巨大なレプリカが設置され、芸術か猥褻か論争があった。
ダビデ像にパンツを履かせろという人まで出現。

その時、ではこの米子市の湊山公園噴水の女性裸像にはブラを!!
という人がいたが・・・今朝はまだ裸像のままだ。
ほんと芸術って難しい 
湊山公園噴水
僕たちは裸でけっこー!!!   この公園には猿園もある。
猿
タイサンボク

いろいろ観ているうちに、一周で3㌔ぐらい。あっという間だった。
早足で気持ちよく汗をかきました。さあ、家までは軽く走ってみる?

2013読書

『いねむり先生』伊集院静

いねむり先生いねむり先生
(2011/04/05)
伊集院 静

商品詳細を見る


主人公のサブローは新婚だった女優の妻を癌で亡くし、
やり場のない憤りと虚脱感から酒とギャンブルにのめり込み
あげくアルコール依存症で入院し、今も静養中。
まるで、著者のたどった道そのままのようだ。

しかし、ある人の紹介で「先生」に出会い、
共通の話題である博奕(競馬、競輪、麻雀、花札)を通して
一緒に賭博の旅にでたりし親交を深めていく。

この小説の大半は賭博の場面だったので、
私の知らない賭博用語・業界用語が多くでてきたが、
特にそれらを分からなくても問題無く読み進めていける。

サブローは、父親との確執や身近な人との死別を重ねて
人との関わりを絶つような生き方をしているが、
先生との交流により、ゆっくり心を開いていく。

賭博の場面の合間合間に、
人との関わり方、優しさが描かれていて心が安まる。

友情は、お互いの生活に深く入り込まなくても育まれるものだ。
誰かと繋がりたい。人間に対する優しい感情を失いたくない。


サブローも先生もお互い心地良い距離を保ちつつ
優しい感情を育んでいく。焦燥感や怖れ怯えという感情の消滅。

精神的な苦しみや賭博の闇をサラリと描き、さわやかな小説。

おでかけ鳥取県

大山夏山開き祭

夏山開き祭は、「たいまつ行列」が有名だが、
6月1日は雨が降っていたので、参加は見送った(雨天決行)
根性ないわ~

そして、翌日6月2日雰囲気だけでも味わおうと行ってみた。
標高1709mの登山には、靴やその他装備が必要なので、
向かいの豪円山のろし台まで少しハイキング。夏山の眺めを楽しんだ。

気温17℃で暑くもなく寒くもなく快適。振り返って大山を観賞。
のろし台1

スキー場は芝生に覆われ、牧歌的な景色。
のろし台2

大山と反対側には日本海を望む。
のろし台3

双眼鏡でみると、神事と登山の人々が峰を歩いてるのが見えた。
やっぱり雄大で男性的な山。
大山

少し下った博労座の特別会場では、フリーマーケットや飲食テントが賑わっていた。けれどお昼ご飯にはB級グルメはやめて健康に良い物を

山菜汁・うこぎ飯・大山そば
昼食

山菜汁には、大山の山菜、なめこ、大根、人参、豚肉、揚げなど
具材がたっぷりで温まる
ご飯はうこぎ飯。タラの芽などの仲間で爽やかで控えめな香り。
平安時代から強壮剤として食されていたらしい。初めて食す。
蕎麦はもちろん大山蕎麦。目の前で手打ちをしていて茹でたて。

その後、圓流院へ。
水木しげるの妖怪108枚が天井画となっている事で有名。

円流寺外観
円流寺仏様

美しい七宝の仏様に手を合わせた後、
お堂の真ん中に寝転んで天井画を楽しむ。
円流寺2階から下
天井画1

知ってる妖怪も知らない妖怪もいて、面白い。
天井画2
天井画3

一つ目小僧や座敷わらしは知ってる。鬼太郎の一家ももちろんいた。

円流寺2階

お寺の二階の一室は小さな図書室になっていて、
山陰の街の歴史書や写真集、詩歌の古書が自由に手に取れる。
壁には世界の仏様の絵などが飾られていた。

図書販売コーナーで見つけた「河童の三平」。
水木しげるが貸本で書いていた時代1961年原作のものを復刻。

米子市内の書店でも売ってるが高くて手が出なかった。
定価上下巻あわせて4900円だったのが、このお寺が出来た時に
ご厚意で拝観者に、安く譲ってもいいとおっしゃったらしい。

ラッキー上下巻あわせて2000円で買えた。良い記念
カッパの三平





おでかけ米子+花回廊

メッ! メロンが!!

メロン

じゃーん!!
いきなりメロンの写真と効果音で始まる今日のブログ

日頃食料品の買い物には3店舗のスーパーを使い分けているんですが、
きょう行った昭和町のスーパーH(米子の方はわかるでしょ?)の
入口入ってすぐ・・・
じぇじぇじぇ! と関西弁でもなく米子弁でもない言葉が出た。

果物売り場、横一列全部メロンで埋め尽くされているではないか。
数えたらなんと9種。こんなん見たことない。
思わず名前を全部確認して覚えようとしたが無理。メモをした。

クインシ-、アムス、クレオパトラ、イエローキング、
タカミ、肥後グリーン、エリザベス、イバラキング、
マルセイユ


もちろん、これらカタカナのあとには“メロン”と付きます。

写真も撮りたかったけど、メモを取ってるだけで売り場の人が
変な目で見ていたのでやめました。

鳥取県は、果物王国であります。それは知っていました。
を筆頭に、スイカ、イチゴ、ぶどう、イチジク・・・そしてメロン!!
が、なぜこんなにメロンの種類を取り揃えるのか???
熊本産や茨城産まで。

鳥取県の人は、どんなけメロンが好きな県民だろうか!!
ケンミンショーで発表されるかも・・・

そして私は、食べるなら「今でしょう!!」とここでもう一言
流行のフレーズをつぶやきながら、
鳥取県産のメロンをカゴに入れたのでした。

先週は、鳥取県産のプリンスメロンを食べてとっても美味しかった
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。