おでかけ米子+花回廊

がいな花火2013

がいな祭二日目のお楽しみは花火

当日は朝から雨が激しく降り気をもんだ。
山口県や島根県では水害も起こっていたので、
中止を覚悟していたがやがて小雨になり降ったりやんだり。

昨年、一昨年は中海の側から見たが、
今年は一度ライトアップされている城山から見てみようと、
でも、ヤブ蚊が恐いので長袖とジーパン、
虫除けスプレーで完全防備して出掛けた。

城の石垣までは、もちろん街灯などもないので真っ暗。
懐中電灯なしでは雨で濡れた参道は危険。
涼しかったとはいえ汗だくで登ったらこの景色
ボランティアの方によって事前に草を刈って枝を落とし、
照明器具も背負って運び上げられたそうだ。
設置したあとも、お祭りの2日間が終わったら撤去だ。
ありがとうございます。

城石垣
初めて見る米子の夜景。花火はこの米子港中央付近から打ち上げ。
米子港夜景1
米子港夜景2
雨が降る中、大勢の方が集まっていた。
椅子やカメラの三脚まで持って上がっている方も。
そうじゃなくちゃね。私の写真はまた手ぶれで・・・ こんなもの。
花火2
花火1
花火4
花火5
花火6
花火8
花火11
花火12
花火13
45分間6000発といえば、規模は大きくないけどとても楽しめた

昨年湊山公園近くで見たが太鼓のパフォーマンスが一緒にあって、
花火とのコラボということだったけど、ちょっと余分だった。
今回城山で見て花火の音がしっかり聞こえて、反響して迫力があり、
目だけで楽しむものではないと再確認しました。

米子市内夜景JPG

米子に住むことができて幸せ。

おでかけ米子+花回廊

がいな祭2013

わーい 私3度目の『がいな祭』
2011年のまさに、がいな祭の日に転居してきました。
引っ越しの段ボールをそのままにイソイソとお祭りに出掛けたのが
つい昨日のよう。
見知らぬ土地米子で歓迎してもらっている気持ちに。
まる2年経ったんです。早いな~(しみじみ)

市内中心部に住んでいるので、朝からお囃子が聞こえてきて
落ち着かず、夫と二人早い時間から出掛けてみました。

ふれだいこJPG
パフォーマンスをしている人より目立っているベリーダンスのお姉さん
ベリーダンスお姉さん
自衛隊のコンサートもあり
自衛隊コンサート
うまい物の準備も整い
旨い物市
子供太鼓JPG
いろんな服装の人がいてそれを見るだけでも楽しい
歩行者天国2

でもあかん・・・まだ午前中や。このまま外にいたら焦げる!!
夜の万灯まで一度帰宅し出直すことに。

夜のがいな万灯には、
一体米子周辺のどこにこんな大勢の人がいたのという賑わいに。
万灯行列1
陸上自衛隊は優勝候補。優雅な演技の細マッチョ。
陸自1
万灯行列2JPG

労災病院は、万灯応援に紛れてこんな幟を・・・
労災病院旗
山陰合銀万灯
自衛隊の人達のふくらはぎや腕っぷしの筋肉に見惚れる
陸自2
陸自4JPG
陸自5
カメラの夜景モードはやっぱり私には使いこなせず 皆さん目を回さないでね
山陰合銀2
大松建設JPG
天満屋
万灯行列3

普段はおとなしい米子市民も大声で声援を送っていて
笛と太鼓の拍子に路上で踊る人もいた楽しい夜は更けていく。

2011年のものだけど動画で紹介しているものがありました!
よれよれの写真のお口直しに御覧になって下さい。☆☆☆

おでかけ米子+花回廊

続けよ!ウォーキングⅡ

無事まだウォーキングを続けている 苦しい顔
今月の目標は10回だったけど、今で14回歩いた。
「も~やだ~!暑すぎる・・・」と毎朝泣き言をつぶやきながら
でも、今日歩かなかったら明日はもっとイヤになる!!
てな訳で続けています。

その私のコースに
通称があるのかないのか。『お寺通り』があります。
東から西にお寺が8つもズラーと並んでいて、
「きょうも一日大切に過ごそう」と心穏やかになる通り。
米子市民の心のよりどころ。かどうかは知りませんが・・・。

東から西を見たところ。この右手側突き当たりまで全部お寺。
東から西
振り向くと左側全部お寺。
西から東

生活に根ざしたお寺という感じ。
墓地は裏側にあるので、恐くない。
国道に出る側と反対方向の一通なので車がほとんど通らない。
東から西に歩くと朝日が顔に当たらない。 いいことづくめ。

福厳院は堂々と石柱
福厳院
瑞仙寺は立派な門構え
門構え瑞仙寺
安国寺は鐘楼が美しい
鐘楼の安国寺
妙善寺の前で深呼吸
張り紙妙善寺
妙興寺からは朝の読経の声
朝のお勤め妙興寺jpg
実成寺は広い前庭
広い前庭の実成寺
法蔵寺の縞の塀はモダン
縞の塀の法蔵寺
心光寺の歴史がありそうな門
門構え心光寺
万福寺の教え
万福寺

こうやって数えながら歩くとあっという間。
ここから前に書いた
このコース☆☆☆に続けて歩いて行きます。

その他

ハト麦むぎ麦

最近凝っているもの・・・ 私には珍しい美容食。
お友達に教えてもらったこれ麦、ハト麦。
お肌がツルツルになるよ~って  えっそうなの

きょうまたネット通販で購入。
IMGP1014.jpg

ひとつは、【玄麦煎粉】
ハト麦の糠層を残したまま粉砕焙煎したもの。
煎ってあるのでこのまま食べられる。
甘味のないきな粉のような感じ。香りはお煎餅ぐらい香ばしい。
蜂蜜や牛乳で溶いて食べても美味しいが、
わたしは、小カップのヨーグルトに大さじ1入れて
冷え予防(夏も)のシナモンを3振り。
ここ2ヶ月半ほぼ毎朝食べている。

そして【精白粉】
これは生のハト麦粉。小麦粉のように使える。
わたしは、ご飯を炊くとき2合に大さじ1強入れて炊飯している。
炊きあがってジャーを開けた瞬間は麦の香りがするが、
全く普通のご飯と変わりなく食べられる。少しもっちりするかな。

あとは、小麦粉の代わりに揚げ物やソテーに使っている。
カリッとして美味しい。

毎夏、【ハト麦茶】は愛飲していたけれども
(だって美白効果があるって~昔から聞くし)
ここのは、上品な香りが自然でバッチリ好みのものだった。

で、、、ツルツルになったか。
教えてくれた友達が、
まず脚のすねの乾燥がクリーム要らずになると言っていたけど
これホント 2ヶ月でツルツル。
ざらついていた首もスベスベになった。
美白効果は、真夏の日光を浴び続けているためまだ分からないけど、
肌が弱くて美白化粧品、ビタミン入り化粧品が使えない私には
頼みの綱となるか~

とにかく今夏は、このアイテムで過ごします。

友人のおすすめメーカー
『ハトムギ健康ランド』HPはこちら☆☆☆
私が買っているのは、少しお安い
『国定農産』HPはこちら☆☆☆

おでかけ米子+花回廊

ハート展

この『ハート展』 いつもはNHK放送局ロビーで開催されるが、
今回初めて、国立病院で(展覧会になれていない会場)で催された。

IMGP1008.jpg

障害のある方がつづった『詩』に託された想いを、
アーティストや著名人が「ハート」をモチーフに表現。
50組の詩とアートが組み合わされている。

アート制作には、川越達也、川嶋あい、セイン・カミュ、柳田邦男など
幅広い方が取り組まれた。

20日(土)オープニングの様子  鳥取県知事も来られた。
IMGP1007.jpg

その詩は、たいへん惹きつけられるもので、
母への感謝、障がいの苦しみ、日々の風景、幼いころの思い出、
社会への期待と不安など、楽しいことや辛いことが凝縮されていて
一編を何度も読み返して鑑賞した。

胸がギューと痛んだり、ほんわか癒やされたり

そしてアート作品は、写真、イラスト、オブジェ、切り絵など
いろんな手法での暖かい表現が詩の世界を拡大したり和ませたり。
それぞれ詩から受けたインスピレーションを見事に表現されている。

素晴らしいものでした。

ぜひ、米子近辺にお住まいの方はお運び下さい。お薦めです。

会期:平成25年7月20日(土)から8月3日(土)
   午前9時~午後5時(休館日なし)

会場:鳥取大学医学部付属病院 外来1階ロビー  【入場無料】

問い合わせ先:鳥取大学広報係 米子市西町36番地の1
       0859-38-7037(平日8時30分~17時00分)

ボランティア・スタッフも関わっています。私も少しお手伝い
IMGP1013.jpg

おでかけ米子+花回廊

ガイナ夜練!!がんばれ~

そろそろ夕食準備を始めて・・・
暑いのでイヤイヤ台所に向かった。

そうだ!!キムチで豚キムチ炒めにしようっと

でもそれは、夫の帰宅の直前でいいし、まず冷や奴の準備・・・
豆腐を切って、ネギの小口切りをしていたら電話が鳴った。

わーい働いたご褒美を頂いたんだって~外食のお誘い

冷や奴は速攻冷蔵庫にしまい、お出掛けの準備。
米子に来てから夜出かけるのは珍しいことだ。

駅前の『ピアノピアノ』イタリアンのお店へ。
こぢんまりした落ち着いたお店で美味しくて、大好き
いつものように、お料理とワインに夢中になり、
写真はデザートのみ お店の様子はホームページでどうぞ☆☆☆

IMGP1001.jpg

鳥取県米子市万能町175 ナガサコビル1階
TEL:0859-34-7210
営業時間:
12:00~14:00
18:00~24:00(ラストオーダー 23:00)
定休日:第一、第三火曜日(祝日の場合、営業)

ほわ~~~と満足して・・・夜道を歩いていたら、
来週末の『ガイナ祭り』の練習をしているグループが

『がんばれ~』
夜連1JPG

夜連3

夜連4

私も酔ってるし、被写体は動いてるし、夜やし、
カメラの夜景モードがどれか分からんし

何が何やら分からん写真ですが
私もお祭り本番までにカメラの夜練をします。

旅行

金沢市内からドライブ

両親が金沢市に移住してから13年目になる。
おかげでもう何回訪問したことだろう。
すっかり金沢は私の第二の故郷。
華やかで伝統があり食も豊かなとても楽しいところだ。

今回も無計画に出かけたが、
涼を求めて両親と共にドライブを楽しむことにした。
市内から30分程で『獅子吼(ししく)高原』に。

ゴンドラで一気に標高650mまで上がると、涼風が吹く抜けている。
ほわーーー気持ちいい~風 眼下の手取川の先には日本海が。

獅子吼高原1

この高原は冬はスキー場、夏はパラグライダーなどのスポーツ、
バーベキューサイトや、高原のパン屋さん、レストランもある。

石川県白山市八幡町リ110
TEL 076-272-0600
FAX 076-272-3600
HPはこちら☆☆☆

両親が健康で幸せに暮らしてくれていることが何より嬉しい

後ろ姿

しばし風を楽しんだ後は、下山して地元の田舎そばの昼食。
そば・豆腐ステーキ

山の景色を見た後は、海だー!!と金沢港に向かってドライブ。

港そばにある『ヤマト醤油蔵』で醤油ソフトを食べた。
このソフトはしっかりとお醤油の味がして美味です。おすすめ

ヤマト醤油1
ヤマト醤油3

醸造所を改装して、おしゃれなショップができていた。
醤油や味噌の種類も多いが、それぞれ味見できるので
好みのものが見つかる。お土産も買った。
ヤマト醤油4

さすがにこのメンバーでここから顔を出す者は・・・
ヤマト醤油2
石川県金沢市大野町4丁目イ170
TEL 076-268-1248
HPはこちら☆☆☆

さあ今夜は、
獅子吼高原からながめた醸造所『菊姫』の冷酒で乾杯だ
菊姫のHPはこちら☆☆☆

旅行

舞鶴に行きました!

3連休で金沢に住む私の両親を訪ねる途中、
まだ行ったことがない『舞鶴』に立ち寄った。

奈良県から石川県は慣れた距離だったけど、
鳥取県からは、さすがに遠いので途中に休憩をかねて観光。

米子道 ⇒ 中国道 ⇒ 舞鶴若狭道 280Km程

朝6時に出発して蒜山高原SAで朝ご飯、
9時半には舞鶴に到着。

赤れんがの街とは聞いていたが、
本当に町中に赤れんがの建物が並んでいて目を引く。
まず赤れんが博物館に行った。
赤れんが1
赤れんが3
この建物は、
明治36年に旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫として建設された
鉄骨構造のれんが建築物の最古級のものらしい。(国定重要文化財)

こじんまりとしたスペースに分かりやすく展示されていた。
なぜかバックミュージックはジャズが流れゆったりと見学できた。

博物館1
博物館中2

建物の中にれんが製造の『ホフマン窯』が再現されていて面白い。

博物館中3

積み木

2階にはれんがの積み方の体験などがあり、
空いていたのでやってみたが、最後のワンピースがはまらず

大阪中央公会堂

日本のれんが建物の紹介コーナーには、
東京駅など、主な建物の構造や模型が紹介されていた。
熱心に見たのは、『大阪中央公会堂』
なんせ実際に見たことがあるものは少ないので。

たった一人の商人の寄付で大正時代に建てられたのだと。
現在のお金で70億円。太っ腹~!!

舞鶴市立 赤れんが博物館
舞鶴市字浜2011番地
TEL 0773-66-1095
FAX 0773-64-5123

すぐ前には海上自衛隊の基地があり、
桟橋から見学可だったので、オタクの夫はテンション上げ上げ
海上自衛隊
海上自衛隊2
海上自衛隊3

この後『舞鶴引揚記念館』へ。
第二次世界大戦後の引き揚げの歴史を伝える歴史館。
当時使っていた生活用品、衣類などを展示。
“岸壁の母”という歌にもなっている。
ここは、胸が詰まってとても写真に撮れなかった。

シベリアの捕虜になり過酷な重労働で命を削り
この舞鶴に引き揚げた方達は、
どんなにこの舞鶴の豊かな海と緑あふれる景色、
温かなお迎えの人々に慰められただろうと思った。

さてお昼ご飯は、海の幸は鳥取でも食べられるので・・・
珍しいものを探して、Baysaide Place M's deliへ。
“黒ハヤシライス”を食べた。
こっくりとしたコクが大人味で、本当に真っ黒だった。
エムズデリ
黒ハヤシライス

さてさて、ここから
舞鶴若狭道で小浜 ⇒ 下道で敦賀 ⇒ 北陸自動車で金沢市
まだまだ220Kmあるな~

若狭町のみかた温泉『きららの湯』に立ち寄り。600円で大満足!
汗を流してから再出発だ!!

三方上中郡若狭町中央第一号6番地の1
TEL 0770-45-1126
HPはこちら ☆☆☆


要約筆記関連

え~?今更勉強?

いつも遊んでる内容ばかりのブログなので・・・
たまには挽回編 勉強しているところも見せなくては!!
これを読んでいる両親も友人もあきれているに違いないから。

IMGP0976.jpg

そうです。『要約筆記』というものに取り組んでいます。
もう始めてかれこれ一年以上になって、
こうなったら生涯教育として日々技術を磨くことにしました。

昨年何となく目にした米子市の広報紙で講習会の募集があったので、
気楽に申し込んだら奥深さに魅了されハマってしまいました。
また今年も『要約筆記者養成講座』に申し込み勉強している次第。

養成講座に通っている人は年齢層も幅広い男女で、
皆さん熱心に勉強されるので大変刺激になっている。

ところで、『要約筆記』というもの目にされたことありますか?
これは、聴覚を失った方に音声を文字で保障するというもの。
聴覚に障がいがある方のうち、手話を会得されている人は
20%に満たないそのため文字で情報を伝達します。
筆談とは違い完全に『通訳者』としての立場です。

これが講演会であったり、会議、PTA、町内会、講義など
公の場での活用も多く、利用者も幅広いので
常用漢字を使用、分かりやすい表現で正確さと同時性が必要

パソコンを使用する場合と手書きがある。
どちらにしても、話し言葉を要約するのは容易なことではなく、
瞬発力みたいなものがいる。

で、こんなに一杯勉強本が集まったというわけ

ちびまる子ちゃんの本なんて小学生用だもんね。(文法・同音異義語)
新聞は時事問題の言葉や地名に対応。コラムを毎日手書きしている。
本当に・・・なんでこんなことにハマってしまったのか

たぶん米子市にある『要約筆記サークル』”のおかげ。
もう20年も活動されている。皆さんとても勉強熱心で、
仕事や子育ての合間をぬって集まっている。感化された

今では、養成講座が毎週1回、お弁当持ちで10:00~15:00、
週2回“虹”の勉強会に行き、家で自習し・・・
貧弱な国語力にを入れ、磨くことが楽しみに

机上の空論にならぬよう、誰かのお役に立てますように



その他

暑いけど健康だ!!

連日、熱中症で病院に運ばれる人が1000人越えだ
だけど私はお陰様で元気です。皆様はいかがでしょうか。

まあ、夏バテというのは9月に入ったころから始まるのかな?

この暑いのにウォーキング頑張ってる。
ビタミンをたっぷり食事から採ってる。
早寝早起きしている。

だから大丈夫と自分に言い聞かせきょうも出かけるのだ

過去のブログを調べていてふと気が付いたことが、
あれ? まったく『夢』を思い出さなくなった・・・。
もう日数が経ったもんね。

半年前、取り憑いていた『夢』(幻覚?)
なんとか忘れたいと、文章に吐き出し過去のブログに書いた。
昨年末のことだ。『今年を振り返って』☆☆☆
それから半年。2013年も折り返し点を過ぎた今、
お陰様で思い出さなくなった。

さあ、この調子で夏を越えるぞ~
皆様もどうぞ気合い工夫で夏を乗り越えましょうね。

2、3日前の夕焼です。ブルーとオレンジのコントラストがきれいで

IMGP0971.jpg
IMGP0973.jpg

でもお願い雷は鳴らないでね~ 恐いんです私。
気合いも工夫も通用しない相手

ごちそうさま

可愛すぎるパン屋 『イーゲル』

兵庫県の有馬温泉にある『イーゲル』に久しぶりに行った。
こだわりのある香織ちゃん(私の従妹)が
たった一人で切り盛りする天然酵母を使ったパン屋さん。

イーゲル外1
イーゲル外2

素材のすべてにこだわりを持ち、厳選したものしか使っていない。

イーゲル材料JPG

そして、どうですかこの店内のこだわりよう
店名イーゲル=はりねずみのグッズが所狭しと並んでいる。

イーゲル中2

雑貨店か小ギャラリーのように可愛いものだらけ
パン屋さんを開く前は、木のおもちゃ工房で修行していただけあって
雑貨にもこだわりが見て取れる。

イーゲル中3
イーゲル中4
看板

パンはほぼ冷凍ができるので、大量に買って保存。
少しずつ楽しむことができる
でも美味しいので、結局すぐ食べきってしまうのですが・・・。

米子に転居してから直接お店に行くことが減ってしまったので、
時々ワガママ言って宅配で購入。
昨年クリスマスのシュトーレンを買った時の
ブログ記事はこちらです☆☆☆

有馬温泉に行かれたり六甲ドライブするときには
ぜひ、お立ち寄りください。
いかにもこのお店のあるじ香織ちゃんの笑顔と
体に優しい材料で、添加物なし、
水と果物、穀物から採れる酵母の力で作られたパンが待っています。

神戸市有馬町滝畑1229-1
有馬里駐車場内
イーゲル
TEL&FAX 
078-903-1024

営業日
毎週木、金、土、日 AM11:00から

2013読書

『流転の海』 宮本輝

流転の海 (新潮文庫)流転の海 (新潮文庫)
(1990/04/27)
宮本 輝

商品詳細を見る


松坂熊吾という男。
この名のイメージとおり無骨で気性の荒い人生を生きている。
昭和22年、戦後の闇市バラックが立ち並ぶ大阪に戻ってきて、
失った財産や商売を取り戻そうと裸一貫で奔走する。
そんな熊吾50歳のときに、始めて子を授かり溺愛。

熊吾は、1897(明治30)年生まれだが、
その年代の日本男性が皆そうであったことは無いだろうが、
酒を飲んで不満があるとすぐに妻の房江に暴力をふるう。

私なら勿論、まっぴらごめんで離婚するが、
この夫婦は、結婚前に苦労を重ねて成長してきた生い立ちなど
お互いの人生を認めて絶対的な愛情を持っている。

読んでいると次第に他の登場人物とともに
熊吾のカリスマ性に惹かれていく。
粗暴な振る舞いばかりでなく、哲学的な思考をし、
この荒れ狂った時代を動物的勘を持って突き進んでいく。
また、伊予出身ということで愛媛弁が親しみ易さを添える。

戦後すぐの大阪駅の周辺、神戸、芦屋の様子も描写され
知っている土地だけに興味深かかった。

作者の自伝的大作ということで、この後何作にも及ぶという。
ぜひ続きも読みたい。

2013読書

『対岸の彼女』 角田光代

対岸の彼女 (文春文庫)対岸の彼女 (文春文庫)
(2012/09/20)
角田 光代

商品詳細を見る

人と関わるとはどういうことなんだろう?

専業主婦の小夜子は、3才児の母で公園デビューに失敗し
我が子に友達ができないのは自分のせいだと思っている。

夫との会話もなく、姑には嫌みばかり言われる。
何もかもが、仕事さえすれば解決するような気がして
就職活動を始める。

そこで出会ったのが、小さな会社を経営する同年齢の葵。
物語は、
葵の高校時代の友人ナナコとの関わり、
小夜子の高校時代の同級生との関わり、
現在の周りの人々との関わりが平行して進行する。

いじめや仲間はずれ、華やかな女子高生の会話や
誰もが経験した成長過程のもどかしさ。

なんのために私たちは歳を重ねるのだろう。小夜子は自問する。

『19歳の誕生日にシルバーのリングをもらうと一生幸せになれる』
この物語の一文に思い出した。私も友人とリングを交換した事を。
あのリングまだあるかなー? 
慌ててアクセサリーBOXを探したら出てきた。
だけど彼女とはいつの間にか、もう関わりがない。

指輪2

人との関わりとは、
自分の心の中の夜空に星を煌めかすことだと私は思う。

深い関わりのあった人は一等星。キラキラといつも輝いている。
記憶の片隅に残る少しの関わりがあった人は小さな星。
一人ひとり星の数や煌めきは違うけれど、
時々心の中の夜空を仰ぎ見思い出す。人との関わり。

そしてこれからも歳を重ねて生きているかぎり、星は増え続ける。

おでかけ米子+花回廊

ジャズって? at 米子人生大学公開講座

“まちなかジャズ” なんだなんだそれは?

なんだか最近米子市内でジャズのポスターを見かけるぞ~
と思っていたら、
米子人生大学公開講座で無料で教えてくれるというので、
用事のなかった月曜日お買い物ついでに行ってみました。

ジャズって興味はあるし、何枚か好きなCDも持っているけれど、
実際難しそうで 敷居が高い。

もちろん、人生講座そのものも敷居が高かった・・・
だってお年寄り向けの講座でしょ? 
まあいいや何事も勉強!!! 家でTVを見ているよりは!!
しかも無料!とごちゃごちゃ言い訳しながら参加。

結果、面白かった とても簡単に
ジャズの歴史、3大要素(リズム・スケール・アドリブ)、
使われる楽器、バンド編成などの講義があった。

なーんだ。気軽な音楽なんだ・・・自由なのね。

IMGP0958.jpg

“まちなかジャズ構想”とは・・・
中心市街地にてジャズのライブ演奏を繰り広げる
       
     ジャズファンを増やす
       
     街に人が集まる・暮らしにジャズを
       
     米子をジャズが聴ける楽しい街に 

『高槻ジャズストリート』というイベントを参考に、
米子も盛り上げようというプロジェクト。

いいな。そんな風に音楽あふれる街になったら楽しいな

講座では、お得なことにデュオの生演奏4曲が聴けた
やっぱりライブ演奏はいいな~。
人生大学のお年寄りもリズムをとって楽しんでおられた。

ぜひ、この構想続けて行かれますように。

わたし勝手に考えたんですが、
ジャズって夜のお酒のイメージじゃないです?
それを、アフタヌーン・ジャズとして日中に聴ける場があるといいな。
そうすると、お年寄りや子連れのママ、学生も出かけやすいと思うのです。もちろん夜に弱い私も  

なお、詳しい“まちジャズ”講義の様子は
じゃずる君が報告されています。HPはこちら☆☆☆   

おでかけ米子+花回廊

続けよ!ウオーキング

6月初旬から始めたウォーキング、取りあえず続けている
4.5㌔程を超早足で45分程。『取りあえず』と書いたのは
夏の間、歩けるか自信がないから毎年夏バテする私なので。

この時期から汗をかいておくとバテにくいとテレビで言ってたのを
鵜呑みにして、目標はそこだ。あと筋力もほしいな。
体重は別に減らなくてもいいと思っているが、500g減った。
お腹と二の腕が引き締まるといいな~都合よすぎ!!

雨の日や午前中に予定のある日は歩かないゆるーい決意なので、
6月中は10回達成だけ。でも10回目からは5㌔に増やした。
飽きないのはたぶんコースがいいから。(6月6日のブログ☆☆☆

昨日も早朝5㌔歩いてから、午後ショートコースのゴルフに行ったけど
脚に疲れがこなかったのは効果が現れているのかも知れない。

7月にも10回達成したら、少しジョギングを加えてみよう
ほんま

マラソンをされる女優の秋野暢子さんが、
「まずは歩くだけ慣れてきたら少しづつ距離をのばす。
ちょっと走ってみる。」と素人のトレーニング方法を言ってた。

とても私が走れるようにはならないと思うが、
取りあえず7月のうちに10回は歩いてみようと思っている。

おまけは、昨日の大山。綿帽子を被っていたのに、
少しずつ脱いでいく様子が楽しかった。緑が美しい。
夏大山1
夏大山2
夏大山3
夏大山4
カウンター
プロフィール

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ