おでかけ米子+花回廊

日差しを楽しみに♪/花回廊

山陰では、冬の晴れは貴重だ。
週間天気予報を見ては狙いを定めて、
大物の洗濯や掃除に気合いを入れる。
晴れの日こそ出かけたいのに、そうもいかなくて、
結局1日中家にいることも多い。

だから今日こそは!!と早朝に決心して
久しぶりに『花回廊』に出かけることにした。
なんせ年間パスを持っているので行かないと損だ。

鼻先にニンジンをぶら下げたら行動も早くなり、
掃除、洗濯も順調に仕上げ、お弁当まで準備できた。

この時期、花数は少ないだろうけど、ロウバイや梅はどうかな?
温室はいつも花で満たされているし、弁当はドームで食べよう。
家からは、大山がかすんで見えるけれど、
花回廊では、きっと綺麗に見えるはず・・・期待はふくらみワクワク

そして・・・  じゃーん!! とお出迎え いただいた。
大山1/29-4 

風はほとんど無く、空気は冷たいけれど日差しが温々

ドーム内は、緑の楽園
     温室内部
     ヤシ類
ラン1
頭上からもランの花のシャンデリア
     ラン回廊
美しい雄しべという意味のキャノアンドラ。パフのようで可愛い。
キャノアンドラ
ドームから外へ出てまた大山を観る 伯耆富士の別名を持つ。
大山1/29-2

ドームの外壁には、虫ではありません。
メンテナンス作業の方々。おぉー恐そう 命綱がたより。

ドーム作業者
林から回廊
そして、またドーム内へ。
このランの間にあるベンチで弁当タイム
ランピンクラン黄色
レモンは夏色
     レモン大
ポインセチアの階段。なぜか『ベルばら』を連想させる。
ポインセチア階段
ベニバナトケイソウ ベニバナトケイソウ

食後は、外回りを散策 
冬枯れ全景
大山1/29-3
ほんのり香るロウバイ
ロウバイ
ガクアジサイの天然ドライフラワー
枯れヤマアジサイ
青空に真っ直ぐナナカマド
ナナカマド
スタンプカードを見てみると、この2年弱のうちに
きょうで10回目の来園だった。

病後初めて一人、桜の季節にきたときには、よろよろだったな~。
でも、歩くのが楽しくてワクワクしながら散策した。
夫には、一人で遠出してはいけないと強く言われていたので、
内緒で来たんだった。うそのようだな~。

冬の後には必ず春がくる。そして冬の間に春の準備が始まっている。

などと、しみじみ考えながら2時間歩き回った。

そして、また登場。彫刻と大山。
像と大山

ランカトレア類

大山、花回廊、そして米子に感謝しています。


驚いた事

ピーター・フランクル氏講演会/米子ビッグシップ

誘われてピーター・フランクル氏の講演会に出かけた。
数学者で大道芸人、ハンガリー生まれのユダヤ人。

ピーターさんの両親や祖父母は恐ろしい差別を受けてきた。
祖父は銃殺され、親戚一同アウシュビッツに。
両親ともホロコーストを経験し宗教を捨て無神論者となる。
ピーターさんが生まれたときには、ユダヤ人の特徴がある名前を避け、キリスト教圏で一番一般的な名にしたそうだ。
とにかく、一族はひたすら隠して生きてきた。

無宗教となりユダヤ人ということを隠しても(姿では分からない)
ハンガリーの小さな村での差別はなくならない。
親から子へと差別が伝えられるから。
子ども時代に、大人になったら差別のない国へ出ようと決心した。
そしてフランス国籍取得。日本に住んでいるのはユダヤ人差別がないから。(他の差別はある)

すべての財産を奪われた彼の父はいつも
「人の財産は頭の中と心にあるものだけ」と教えた。
勉学に励んだピーターさんは数学者であることはもちろん、
ハンガリー語の他に11カ国語で講義ができるほど語学も堪能。
すごい知性・・・そして努力ですね!!

早口で毒舌ながらユーモアのある語り口で、今の日本の問題点もズケズケ言いたい放題。専門の数学の問題やジャグリングの披露もあった。

ピーターさんは、新聞は読むけれどTVは一切観ないそう。
マー君の契約金も殺人事件も芸能情報も自分には関係のないこと。
そういった番組を観る時間があったら、
自分の人生に必要なことをしよう!!
大切な人と会話をしたり、勉強をしたりしましょうと。
さて、私の人生に必要なことは何かを考えてみよう。
いろいろ大切なことを教えていただきました

2014読書

『アルツハイマーホテル』 中村和仁

アルツハイマーホテルアルツハイマーホテル
(2012/12)
中村 和仁

商品詳細を見る

“アルツハイマー”という言葉を聞くだけで
ちょっとショッキングな感じを受けるのは私だけ?

これはアルツハイマーになった人やその家族が登場する小説だが、
なぜか、暗さは全くない。
淡々とした日常生活があり、楽しい発見や笑いがある。

作者は、認知症の母親を在宅介護しながらこの小説を書き上げた。
そのため個々の症状や情報は事実だそうで信憑性があった。

この小説には、「平成23年に患者は300万人を越え、
平成27年には345万人になるらしい。横浜の人口が360万人だから、
横浜市の人が全員認知症だと考えたら、けっこうすごい…」という
セリフが出てきた。

けれど、ちょうどこれを読んだ翌日に実際の厚労省発表が、
新聞に掲載されていた。平成24年時点ですでに462万人!
とっくに横浜市の人口を超えている…

怖れても仕方がないっ!!ガンと一緒で早期発見・初期治療が大切。

登場人物には、個性あふれる認知症患者がいるが、
それぞれ、娘、息子、嫁、夫が、または父親が息子を介護している。
悲惨さはない。皆疲れてはいるが愛情いっぱいの家族だ。

巻末には、実際に病院で使われている『認知症チェックシート』が
ついていた。
ちょっとやってみたが、病の経験から(認知症以外ですが)
自分で自分の意識をチェックすることは難しいのだと思い出した。

家族の方の健康を思うとき、このチェックもこれからは必須だ


おでかけ米子+花回廊

クラシックコンサート/米子管弦楽団

米子では、室内楽の演奏会はあっても
オーケストラを聴く機会は少ないので、
友人に誘われて嬉しかった (旦那様が出ておられます)

     IMGP1431.jpg

しかも親しみがある曲目だ。
さなめホールは、560人収容の小さめのホールながら音響はよい。
舞台上はオーケストラ奏者たちが、ぎっしり。客席も満席だった。
やっぱり、生の音は迫力があるなと再認識。
特に弦楽器は、録音となぜこんなに音色がかわるのだろか。
久しぶりに楽しい音楽鑑賞の休日でした。

私も演奏したい~ 

昔、『奈良市吹奏楽団』でフルートを吹いていた私
今は、腕も楽器も錆びさび・・・

おでかけ米子+花回廊

サントリー美術館展(後期)/米子市美術館

美術館図書館から 美術館内部

サントリー美術館展、前期がよかったので後期も行くことにしました。
(というか、セット前売りを買っていた
後期に入れ替わった展示には新春を意識したものもあり、もうとっくに日常生活に戻っていた心に新年の新鮮な空気を思い出させた。

ほとんどが江戸時代のもの。
『孔雀屏風図』めでたい孔雀と紅白の花が大きく描かれた屏風
『四季草花図屏風』華やかな植物図鑑のような屏風
  屏風はいいな~枕元で眠る前に観たいな(スペースないけれど)
『正月風俗図屏風』正月に遊ぶ人々。羽根つき、手まり、貝合わせ、琴、三味線、囲碁、庭では盆踊りのようにお揃いの着物で輪になって踊っている大宴会やね、浮かれてる
『御簾綾杉蒔絵結文型文箱』あら粋。結び文の形をした文箱
『浦島太郎銀かんざし』亀・つり竿・玉手箱の飾りで、その背景は波模様。ユーモアあふれるデザイン。主人公はいない

お正月飾りの巻物には、鏡餅、車エビ、柚、昆布、のし、柿、みかん、などご馳走が描かれている。現代と一緒だね~

現代美術の部屋は前期と同一の展示だったので、もう一度確認したいものだけを見て回った。

お婆さんが連れの若い女性に大きな声で
「さっぱりわからん、なんのことやら意味分からんが-。どうじゃあんた?」と同意を求めていて、ちょっと笑ってしまった

2014読書

『天地明察』冲方丁

天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る
天地明察(下) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)
(2012/05/18)
冲方 丁

商品詳細を見る


新年を迎えて2週間と少し。
お正月には、新しいカレンダーを神妙な気持ちでめくり、
お約束の『高島暦』は、占いを信じない私もなぜか毎年チェック。

そんな“日本の暦”を江戸時代に始めて日本人の手で作り上げた、
実在の人物渋川春海の物語。
既存の中国伝来の暦は日本には適さないと証明してみせた。

春海23歳は、碁打ちの家に生まれた次男で、
碁も、そして算術の才能にも溢れているがしかし、
自分の人生を燃え上がらせる情熱を傾けられるものがなく、
日々満たされぬ思いで過ごしていた。

ある日、密命を帯びて天体観測の旅に出るところから物語が始まる。
春海を取り巻く人々。上役、同士、幕府組織の人間関係は、
まるで現代の会社組織の様相を呈していて、大きなプロジェクトを
実現していくまでに必要な自己研鑽や努力、情報収集、協力体制、
根回し、世論操作、効果的な公開時期の選択、など
失敗を重ねながら23年間もの年月を費やして心血を注ぐ。

23歳の初々しい春海が、40代後半の自信に溢れる男性に成長していく様を辿るのは、清々しく楽しかった。関孝和との友情はツボ。

ところで、小説の中で春海が『天球儀』を手作りして、
お世話になった人に贈るシーンがありますが、実在だったのですね。
1697年製で伊勢神宮が所蔵しているそう。
せめて、国立博物館にあるレプリカをいつか見てみたい。

星、月、日、その運行から計算されて作られた暦。
ロマンですね~

驚いた事

スマホよスマホ、スマホさん

先週、やっとガラパゴスからお引っ越し
私もスマホデビューだわー!!と
喜んだのもつかの間。

むっ難しすぎる

でも、皆が使えるもの。私にもできるはず!
まるで始めてエクセルやワードを習った時のように(えらい昔話)
これは新しいソフトを一から覚えるのと同じだわ

だいたい私は、マニュアルを読むのが好きだ。
新しい電化製品を買ったときには大抵読破する。
それなのに…
今回docomoではマニュアルらしきものはもらえなかった。
だから本屋にあんなに沢山売ってたんだ。
(そういえばPC買ったときにソフトの解説本は付いてないもんね)
買ってももったいないし、でも立ち読みでは覚えきれず、
散々迷ったあげく溜まっていたポイントで1冊購入することに。

本と前の携帯の充電コード
(よくここまで買い換えずに使ったでしょ?お正月に親戚の人に笑われたもんね~)
スマホ

3日ぐらいでやっと少し動作理解してきたと思ったら、
どこを触ったのか、メールのやり取りが全然できなくなった
IDやパスワードを入れ直しても復活しない

ええ、私にメールを送ってくる人はそんなに沢山いません。
けれど全く通じないのは不安で困る。

散々格闘して結局あきらめショップに行ったら運悪く定休日
ついてない…。
きょう『歩数計』アプリを立ち上げウォーキングを兼ねて
片道約30分を歩いて出直した。(なんとか元を取ろうとする私)
ショップのお姉さんは、携帯を私の方に向けたまま逆さから、
ちょちょちょいと操作して5分で復活。
毎日触っている人はホンマ凄いわ。

アプリは面白い
まだこの『歩数計』と『タイマー』『グーグルマップ』だけやけど、
本屋で立ち読みしては、面白そうなアプリを探しています。
先輩方、いいアプリがあれば教えてください。

ところで、きょうの歩数は1万歩をクリアしたよ。

2014読書

『家じかんを楽しむ65のヒント』伊能勢敦子著

家じかんを楽しむ65のヒント家じかんを楽しむ65のヒント
(2009/08/31)
伊能勢 敦子

商品詳細を見る


この人は優雅で大胆

家の改修のためには、自分で壁をぬり天井を剥がし、
ホームセンターに通いつめて工法を教えてもらい、
自分の理想の家に作り上げていく。
お爺さんから譲り受けた仙台箪笥を白にペイントしたり。

そんな大胆で行動的な一面と、
料理家で美しい写真を撮り、優雅な“家じかん”を過ごす面。

掃除には、アロマオイルを混ぜた水で拭き掃除をし
朝食に朝からパンを焼きスムージーを飲む。

友人達を手作りでランチに招待し楽しくおもてなし。
デザートは、江戸切り子のグラスに入れたパンナコッタよ!

夜には、アロマキャンドルを灯し音楽をかけて
チョコレートとシャンパンを楽しむ。

優雅ですねぇ~ 

まあ、全部はとても面倒(だめだめそんなこと思っちゃ!)で真似できないけれど、余り敷居が高くない生活の知恵も披露してくれてるので生活に取り入れたら、ちょっとうっとりできるかも~と妄想した。

まずは、
紹介されていたマリアージュ・フレールのお香をチェックしたい。
そして、お菓子用のシリコンの型でバラの花型の氷を作って
アイスティーに浮かべる。
アイスクリームとパンナコッタのレシピを試そう。
万能フライパンとハンディブレンダーもチェックしたい

さあ、私でも優雅な“家じかん”を楽しめるでしょうか。


2014読書

『私とは何か』平野啓一郎著

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書)
(2012/09/14)
平野 啓一郎

商品詳細を見る

「意外~!!あなたってそんな人だった??」
このブログを読んだ周辺の複数人からそんな声を聞き
とても不思議に思っていた。

そういう人は古い友人であったり親戚の人だったり、
実際の私をよく知る人達で、私は自分を隠していたつもりはない。
えっ何でそんなこと言うの??私変わった?
というか、今まで私のことどんな人と思っていた訳?

自分で思う自分の本質は変わっていないのにな~。
自覚していることといえば、
米子に来て住む環境が変わった。新しい人間関係ができた。
2年前に大病を経験し“思いついたらすぐ行動”“身辺整理”を
心掛けていることかな。

それにしても私を知っているはずの人から驚かれるのは私こそ意外!!

よく、リアルとネットにおける人格の違いは話題になる。
現実社会では寡黙で引きこもりがちな人が、
無記名のネット上では饒舌になったり人を攻撃したりすることだ。
車を運転すると人が変わるという人もいる。
でも、それも全部その人の一部でしょ。

私にとってこのブログの大半は、
現実社会で知っている人に向けて書いている。
(中にはネットだけの知り合いもいるが少数)
なので自分にとっては実名を持つ現実社会の一部なのだ。

それにしても、人は自分の全部を対人に晒すことは不可能だ。
役割によって顔を変える。
妻、娘、嫁、親戚、友人一人ひとり、同僚、先輩、ただの知り合い…
意識しなくても少しずつ違っているのかも。

とすると、父に向けた記事のときに友人は意外に思い、
友人に向けた記事のときに親戚の人が意外に思うのは当然か。

そういったことをすべて、
論理的に理解しやすい言葉で解説して見せたのがこの本。

昨年読み感動したこの著者の小説『空白を満たしなさい』☆☆☆に出てくる思想にふれ、もっと深く知りたいと思い手に取った。

なんとなく不思議だったことがスッキリと整理された思い。
私は私です。そう変化したわけではありません。こんなもんです。

おでかけ米子+花回廊

米子の百貨店もいいもんだ~

年始には、ちょうど大阪市内で用があったので、
新しくできた噂のグランフロントでものぞき
ちょっくら久しぶりにバーゲンにも寄ってみよ~

と、気軽に行ってみたら大変な人混み
複雑な形の建物に右も左も分からず迷うばかり…。
お店には1件も入れず、トイレさえも長蛇の列であきらめて
某百貨店(一番人気のないところ)に逃げ込み一息ついた。

は~無理。もう若くないねんわ。大阪市内のバーゲン無理。
買い物はあきらめて米子に帰ってきた。

米子では、百貨店よりも個人のブティックの方が好きで、
時々お世話になっているけれど、
新年のバーゲンは品数が多い百貨店も見てみたい。

で、思い切って行ってみたら正解~
そりゃ大阪に比べれば品揃えは少ないけれど、
お客さんの数も多すぎず少なすぎず適度な活気があり、
そして、同じメーカーの服ももちろん売っている。
ゆっくり吟味して試着ができて、
まず、店員さんの押しが弱い=恐くない

運が良かったのは、試着したすぐ後にタイムバーゲンが始まって、
1時間限定で値引き価格から更に20%Offになったこと。

むははは…  大山さん、ありがとう  ん?関係ない?

1月7日大山

その他

年賀状ってコミュニケーションツール

 年賀状  って変な習慣だと毎年思う。

私の世代では、まだ年賀状を出すという人の方が、
出さない(メールで代用もしくは全く興味なし)という人より多い。

若い人や高齢者の中には一枚も出さないという人もいるらしい。

確かに年末の忙しいときに準備するのは大変だし面倒。費用も掛かる。
一枚ずつ手書きをしていた時代は遠くに過ぎ去ったとしても、
パソコンのソフトを変えると使い方が分かりにくくて苦心したり、
そんなときに限ってプリンターのインク切れになったり(きー!!)

そして、誰に出して誰に出さないか…皆さんは迷ったりしません?

昨年まで出していたけれど、
・もう絶対何があっても今後生きている間は会わない人
 (お互いの葬式なら行くかも来るかも?しかし連絡くるかな?)
・すでに20年以上会っていない顔も思い出せない人
・嫌いな人なのに相手から来るから出している
・会ったこともない遠縁の親戚
などは悩む。だけど反対に、
・長年会っていないけれど好きな人
・自分の人生の懐かしい思い出の一員
・50円で縁が繋がるならば繋げておきたい人
 (いずれ会うときが来るかも、むしろ会いたい)
・年賀状をいただくと嬉しく感じる人
などは、もちろん出すのももらうのも嬉しい。

今年の年賀状もほぼやり取りを終える時期となりましたね。

一つ言えることは、年賀状には幸せ   がいっぱいなので
見る分には楽しい

結婚した人、出産した人、マラソンに出た人、富士登山、孫の写真に、
家族の写真、ペットを愛する人、趣味の作品展、退職した人、転職した人…

皆、生きてるな~

旅行

7泊8日も

年末年始大きなスーツケースを持って
7泊8日で4ヶ所に滞在する旅行をしました。
いえいえ海外旅行じゃありませんよ~。

いろいろなご馳走を食べ
IMGP1410.jpg

IMGP1413.jpg

IMGP1417.jpgIMGP1420.jpg

いろいろなお酒を飲み
IMGP1411.jpg

いろいろな所に出かけ
IMGP1416.jpg

IMGP1415.jpg IMGP1414.jpg

いろいろなモノを見て
  IMGP1425.jpg IMGP1424.jpg

そして…いろいろな人と久しぶりに会いました。

みんな元気で幸せなことです。

皆さんも良い年末年始を過ごされましたでしょうか。

  本年もよろしくお願いいたします

  お姑さん作
IMGP1427.jpg
カウンター
プロフィール

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ