スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要約筆記関連

新たな気持ちで

IMGP1859.jpg
米子で出会った『要約筆記』というもの。
聴覚に障がいがある方に、音声を文字で情報保障をするという活動。
こういった活動があることも知らなかった。
耳の聞こえない方は皆、手話を使うものだと思っていた。

けれど確かに、もしきょう突然に聞こえなくなったら・・・
高齢になってとても耳が遠くなったら・・・
手話を知らず、手話を習おうにも教えてくれる人の声が聞こえない。

私は特別強い意志があってこの活動を始めたわけではない。
米子で大病をし退院した後、知り合いもいない土地で、
何かすることはないかと市の広報紙をみていたら
『要約筆記者養成講座』の受講生を募集していた。

なんだろうこれ?週1回4時間で全84時間の勉強か・・・。
できないことは無さそう。
よく分からないけどやってみよう~と、
気軽な気持ちで申し込んで後で大変なことになってくる。

とにかく難しかったのだ(私にとって)授業内容も実技も。
講師の方にヘンテコリンな質問を何回もした記憶がある。
けれど、講師も補助の方も皆さん親切で熱心な方ばかり。
何とか、挫折せずに続けているうちに、
今度は出来ない事に向き合うことが面白くなってきた。

そんなん無理やん!!!
しゃべる速さで書く(パソコン入力する)なんて!
だいたい話が飛びすぎて支離滅裂やし!何が言いたいの!
練習しながら泣きたくなる。

そう。要約筆記では、話者が伝えたいことを自分が理解できないと、読む人に伝えることは到底不可能。
理解力、文章作成力、スピード他もろもろが必要で、
不可能なことにチャレンジしている感じ。

そして、その背景には耳の聞こえない方がいるのだ。
何としても伝えないといけない。(ここが一番大切)
こんな私のまずい要約文を必死で理解しようとしてくれ、
そして感謝の気持ちまで伝えてくれる。
何回か行った現場では申し訳なくて涙がでた。

米子では、良い仲間や先輩に恵まれた。
昨日、奈良県で認定していただいたが、
少しずつ新たな出会いもあり「一緒にがんばろう!」と
言っていただき力が湧いてくる。

ここからがスタート。自己錬磨の日々が始まる。
スポンサーサイト

2014読書

『手のひらの音符』 藤岡陽子

手のひらの音符手のひらの音符
(2014/01/22)
藤岡 陽子

商品詳細を見る

服飾デザイナーの水樹は、20代の頃に務めていた「服のマクドナルド」、いわゆる低価格なファストフードのような服をつくる会社に違和感を感じて退職。一つひとつ丁寧にデザインされ、だれかの記念日の写真に残るような服をつくりたいと今の会社へ移った。

しかし日本経済も傾き、高価な日本製の服よりも、海外の工場で大量生産され、人件費や製造コストをとことん削った安価な製品がもてはやされる時代となり、会社は立ちゆかなくなった。
水樹は、転職を考えることになるが、もう一度自分の原点を振り返り、家族、昔住んでいた場所、幼なじみ達を思い出し再会していく。

中高生のころ、水樹も幼なじみ達も、親の人生、生活に左右され、
自分の境遇をどうすることもできない。
親が病気であったり、ギャンブラーであったり、父不在、肉親との死別、精神障害、貧困、いじめなど、皆何かをかかえている。

けれど子ども達は、手を取り合い、励まし合い、苦しみ、もがいて、
やがて親の環境から抜けだし自立し歩き出す。
40代になり今も懸命に生きていく水樹とその幼なじみ達。
決してその境遇に負けず、暗闇でも手探りで前に進む勇気。

読んでいて辛さは全くなかった。むしろ励まされ、力強くスピード感ある文章力に引き込まれ、一気に読破していた。


2014読書

『さくら』 西 加奈子

さくら (小学館文庫)さくら (小学館文庫)
(2007/12/04)
西 加奈子

商品詳細を見る

何処にでもあるような、何処にもないような家族の物語。
主人公の家族は、
物静かな仕事を頑張る父、陽気で明るく元気な母、
誰からも好かれるカリスマ的魅力を持つ兄、美しく勝ち気な妹。
そして、雑種犬のサクラ。

大学生の僕は、年末に父からの手紙を受け取り帰郷することにする。
久しぶりに再会する家族の面々と犬のサクラの姿を合わせて、
幼いころの出来事、妹が生まれた日のこと、サクラの癒やし、
両親のなれそめ、兄妹との生活、それぞれの恋や失恋、悩みなど、
何処にでもありそうな、何処にもないような青春が展開される。

何処にでもいそうで、何処にもいないような個性的な人々。
あるときには、幸せをゆったりと味わう家族の姿、
あるときには、目を覆いたくなる悲惨な悲しみに包まれる家族。

どこの家族もそうではないだろうか。
人間一人ひとり違うのだから突き詰めれば個性。
幸せだけではなく、悲惨な現実があるのも一般的な家族の姿。
しかし、そこに人生の体験を共有する家族があることで、
個々の人生が成り立ち、色彩鮮やかな感慨深いものとなっていく。

驚いた事

真夜中のさえずり

先日のこと、余りにも夜暑かったので、窓を開けて眠りました。
何かの“音”に眠りを遮られて気がついたのですが、
それは、小鳥のさえずりだったのでした。

それにしてもまだまだ真っ暗闇の深夜、
夢から起こされて、怒り気味で時計を見ると3時前

それは、ホトトギス。鳴き声知っていますか?
「特許許可局」と聞こえるという個性的な(?)さえずりです。
真夜中にも鳴くのですね~

うちの近所は、神社や小規模な森林があるので、
鳥はいっぱいいます。
メジロ、シジュウカラ、キビタキ、コゲラ、スズメ、カラス・・・
このところは、ウグイスが早朝から丸一日移動しながら
美しい声を聞かせてくれてます。

米子で鴨やコハクチョウなど水鳥に興味を持った私に、
夫の姉が『鳥の本』をくれたので、奈良でもいろいろ調べています。

そこでホトトギスについて調べてみたら、
わ~最悪やん!!
『托卵』するんやて!しかもウグイス

昔、カッコウが托卵するドキュメンタリーのテレビ番組を観て、
余りの恐ろしさに大嫌いになりました。

他の鳥の巣に、こっそり卵を産み落とすと、
その卵は一番に孵化し、他の卵やヒナを殺してしまうのです。
親鳥は、自分の子と思いせっせと子育てをしてしまう。
(托卵とはWikipedia☆☆☆
なんて恐ろしい自然の摂理なんでしょう。
あの可愛い声のウグイスのヒナが殺されているなんて・・・。

それを知ってからというもの、ホトトギスのさえずりは、
悪魔のさえずりに聞こえます。

お願いだから真夜中に鳴かないで眠れなくなりますから

奈良キラリ

『Gift』カットハウス

米子で3月にカットした髪ももう限度まで伸びた。
しかも梅雨時には、私のくせ毛は思い通りにならなくて
腹が立つええいっ切ってやる。

ところが、前に利用していた大型店舗は移転していて、
担当だったスタイリストさんは何処へやら・・・

これを機に新規開拓してみましょう
理想は、米子で通った“Loki”。
こぢんまり少人数の個人店で駅近ならなお良いな~
そういえば、以前カフェだった所に美容室ができていたな。
ネットで検索ちょちょちょーい・・・あった見つけた!

さっそく予約をとって行ってきました。(しかも新規来店はホットペッパービューティーのクーポンで1,080円引き
gift階段

坂の上の隠れ家風
gift看板

カフェのときのお庭がそのまま生かされている
白猫ちゃん見えますか?
gift庭
野良猫が遊びに来ていたようです。君はカットしなくていいね~
gift猫

リラックスできる理想のお店を地元で見つけました。
立地よし!技術よし!人柄よし! うれしいデス

今回クーポンでお得だったし
梅雨に対抗すべくショートにしてもらいましたすっきり~

Gift(ギフト)
奈良県奈良市富雄北1‐3‐15
近鉄富雄駅から徒歩3分
ホットペッパービューティのサイト☆☆☆

奈良キラリ

高山かきもち

子どもの頃から『あられ』が大好きでした。
(あられとはWikipedia☆☆☆
おやつに子どもらしい駄菓子よりも『あられ』をリクエストしたものです。

高山かきもちは、20年前奈良に住み始めた頃、ご近所の家で大きな缶に入ったものを見てビックリしました。
先日は大阪に住む弟夫婦とその高山製菓の話題になり、
わざわざ奈良県まで買いに来ているというではありませんか。

私も食べたいやんかと製菓工場直販所へ行きました。
今、大人になって『あられ』を買うときには原材料がとても気になります。当然、国産米100%ですよね~。

高山製菓の工場入口
外観
中には出荷待ちの段ボールの山
段ボール
あきない
直売所内では、いろいろ味見が自由にできて楽しいです。
あれもこれも美味しくて、あれもこれも欲しくなる
外には、ご親切にお茶の無料サービスも。
ドリンク
今回購入したのは、
松しぐれ(家庭用サービスパック 450g)と季節限定品梅サラダ
かきもち

これだけあれば当分お茶請けに楽しめるわ~
高山かきもちお取り寄せはこちら☆☆☆

奈良キラリ

『月のしずく』で結婚記念日

この梅雨時に結婚記念日があるのは、
その昔、ジューンブライドに憧れたからです。

6月の英語名であるJuneはローマ神話のユピテル(ジュピター)の妻ユノ(ジュノー)から取られた。ユノが結婚生活の守護神であることから、6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride、6月の花嫁)と呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれる。(Wikipediaより引用)

幸せの基準は人によって違うけれど、私の基準ではこの結婚は
今はまあ充分に幸せに満たされていると言えるでしょう。
(結婚記念日くらい・・・

手抜きも兼ねて外食をしたかったのですが、
月曜日ということで、常連として利用しているお店は定休日。
いっそのこと、駅前で新しいお店を開拓することにしました。

『月のしずく』料理と日本酒の種類には定評があるようでここへ。
  月のしずく外2
月のしずく店内
居酒屋と言っちゃえばそうなんですけれど、魅力的なお料理です

タコのお刺身、はもの天ぷら。
 たこ刺し はも天

私は調子に乗って日本酒をいただくことにしました。
ちょうど鳥取県『鷹勇』があり感激。
以前にも呑んだことがあって、とても美味しかったから
鳥取県東伯郡の大谷酒造です。HPはこちら☆☆☆

お酒は、マスターがテーブルまで一升瓶を持ってきて、
グラスにすり切り、なみなみと注いでくださいます
こんな飲み方久しぶり!
サメ軟骨の梅肉、鷹勇、丸なす
珍味はサメ軟骨の梅肉和え。水ナスも最高

うわ~ これを幸せと呼ばずに何を幸せとするの
お酒は、もう一種いただいてルンルンと帰路につきました。
ね、幸せな結婚でしょ?

『月のしずく』HPはこちら☆☆☆


驚いた事

もうすぐ父の日だよーん

母の日が終わるとすぐに父の日がやってくる
忘れがちですが・・・
先日TVでもやっていましたが、母の日のプレゼントを贈っても
父の日は何もしないという人が結構いるらしいです。
それは、ちょっと寂しいではないのやっぱりね!

と言っても私もいつも遅れ気味でプレゼントを用意するので、
今年は絶対に遅れないぞ!と気合いを入れて
プレゼント候補をいろいろネットで物色

アルコール類、地ビールや地酒もいいなー。
何かグルメなお取り寄せかな。お花好きなので、鉢植えかな。
うーん悩んだら分からなくなる。また明日検索しよう・・・。

先日、ここのところ忙しいから今日絶対に注文するぞと気合いを入れたらいい物が見つかった。
これにしよう・・・ポチッと注文。
えー日にち指定は、日曜午前中っと。よしよしOK。これで安心

て、あれ? いつの日曜日だった?
注文確定した後で不安になる私

きゃー!!! やってしまいましたよ!!!
一週間、間違いました早すぎるよ~
遅れたらあかんと思いすぎて、早すぎてもあかんし!
でももう「注文確定」したら取り消されへんし!

あぁ~
またもや父に私の成長していないところを披露してしまった

昨日午前中に電話しましたよー
「あの、父の日のプレゼントやねんけれど、
注文間違えてんきょうの午前中届くから、よろしくね」。

「ぐぁははははー」父爆笑
まあいいか。笑ってくれたから。

ちなみにプレゼントは、喜んでいただけたようで、
写メを送ってくれました
写真 1写真 2

皆さんは、父の日を間違えないでね~。今週末ですよ!
間違える人なんていないか・・・

奈良キラリ

航空自衛隊奈良基地~祭~

門 案内図

今年で航空自衛隊創設60周年になるそうだ。
奈良に自衛隊の基地があることは知っていたけれど、
どこにあるのか場所は知らなかった。
そういえば私の小学校の同級生に父親が自衛隊で教官をしている
という子がいた。転校ばかりと言っていたのを思い出す。

本当に校区から近かった何で今まで知らなかったのでしょう。
そこは、奈良らしく古墳に挟まれた場所にあり、
緑豊かで静かな場所でした。 奈良基地HPはこちら☆☆☆
両側古墳
左側の“小奈辺陵”前方後円墳 Wikipedia☆☆☆
IMGP1845.jpg
敷地内からも隣の古墳の緑がうつくしいです。
隣に古墳
IMGP1821.jpg
IMGP1823.jpg
夫によるとこの飛行機はあの“ロッキード事件”で有名になったものだそうです。

皆さん覚えていますか 年齢がバレますが・・・
私が小学生のころに首謀者達が言い逃れに使った「記憶にございません」というセリフが、大ブレイクしました。
ロッキード事件Wikipedia☆☆☆
宿題を忘れても、悪さを指摘されてもこれを言ったものです

IMGP1826.jpg IMGP1825.jpg

きょうは航空機飛行展示もあるということで楽しみにしていたのですが、雨で中止となりました
どうして航空祭はこの時期なのでしょうか・・・

幹部候補生達の行進も凜々しいけれど、雨で気の毒。
(雨ぐらいでとやかく言っていたら、有事の際務まりませんけれど)
IMGP1832.jpg

陸自の展示もありました。
IMGP1834.jpg
IMGP1835.jpg
IMGP1837.jpg

キャラクターも応援にかけつけて。
せんとくん IMGP1844.jpg

屋台なども出店されて、晴れていれば楽しかったのにな。
Fbによると、鳥取県の美保基地航空祭は明日ですね。
ブルーインパルスが飛ぶといいですね。
(昨年見学に行きましたが、やっぱり雨で中止でした!)
昨年美保基地の記事はこちら☆☆☆

2014読書

『神去なあなあ日常』三浦しをん

神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)
(2014/01/24)
三浦しをん

商品詳細を見る


もう映画にもなりましたね。映画の公式サイトはこちら☆☆☆
映画は観てないんですけれど、読友(読書の情報交換する友)が読んで面白かった~と薦めてくれた。
この読友のお薦めはいつも私の好みにピッタリはまるので必読!

三浦しをんといえば以前『まほろ駅前多田便利軒』が面白かった。
(その感想文はこちら☆☆☆です)
エッセイなども軽い語り口で読みやすく、共感がもてるが、
この小説の舞台は、『林業』。さて、未知の世界だ。

主人公は、高校卒業して就職も決めずフリーターでいようと、
のんびり構えていた横浜育ちの平野勇気。
突然担任教師と母親による策略にはめられ、三重県の山奥へ
林業の研修生として送り込まれた。
携帯は通じず、方言や習慣は分かりづらく、若者はいない、
遊ぶ場所もお店もない村で、完全アウェーのよそ者として疎外感を感じながらも、研修生として林業を一から教えられていく。
指導者は金髪でがさつな山仕事の天才ヨキ。

とてもよく取材してあると思った。
勇気が経験する一年を通して林業の仕事内容がよくわかる。
閉鎖的な山奥の村で代々、連綿といとなまれる生活は、林業という長いスパンを生きる人々の人生観を作り上げていることも。

時に吹き出しながら、時にハラハラドキドキしながら、
勇気の成長とともに山の尊さ、林業の大切さ、はたまた日本の祭りや風習についても考える(思い出す)きっかけとなる。
今まで知らなかった林業の世界を知った。
林業をエンタテイメント小説として描ききっている。

驚いた事

油断も隙もない!

私の家はちょっと不便なところにあります。
一番近い駅からは2キロ弱離れていて、
家の周りはコンビニや自販機、商店はありません
ところが米子から奈良に戻ってみたら、歩いて5分の位置に、
24時間営業のスーパーが開業しているではありませんか
やったー便利!この大型店を、しばしば利用しています。

さすがに超安売りスーパーらしく、産地はきっちり確認しなければ、
ワールドワイドな商品が並んでいます。
中国を筆頭に、アメリカ、カナダ、メキシコ、ロシア、モロッコ、トルコ・・・購入してから「しまった~」てことも何回かありました。

このスーパーは従業員が少なくて忙しいからか、24時間営業で半分寝ぼけているからか、その両方か、商品名表示の間違いがあります。
先日はどうみてもイカの刺身に、『真鯛刺身』と表示。
値段はもろ鯛価格で、売れ残っていました
昨日は、ビワのパックに『みかん』と・・・。
みかんにしては、小さすぎるやろ同じような色やけど!

ほんま油断できません。
最近は間違いがないか捜して歩くのがひとつの楽しみですが

ところで、庭のベンチにいたこのカエル何ていう種類ですか?
体長3㎝程でへんな模様があります。
アマガエルでもトノサマカエルでもないですよね。まさかイボ・・・。
写真 1写真 2

朝顔の元気がないので、日よけの囲いをしたら中に、へんな虫が入っていました。この虫の名前も分かりません。
まさか、私の朝顔かじってないよね!
虫

ほんま油断も隙もありません!いったい何なの?
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。