2014読書

『新参者』東野圭吾

新参者新参者
(2009/09/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る

読み終わったときにツクツクボウシの大合唱で秋を実感

この小説は、まだこれから夏が始まる、初夏の東京日本橋人形町の
古い商店街が舞台。人情味あふれるこの街で殺人事件がおこり、
新しく赴任した刑事の加賀がお店に聞き込みをしていく。

9章からなる物語は、1章ずつそれぞれに完結しているのに、
全体として一つの街の一つの事件を追いかけていて面白い
煎餅屋、料亭、瀬戸物屋、時計屋・・・それぞれを営む人々の穏やかな暮らしぶり、家族のエピソードが殺人事件を追っているのに、ほっこりと心温まり穏やかな気持ちになれた。

久しぶりに読んだ東野圭吾。やっぱり上手いな~と感心。
この加賀刑事の話はシリーズ化しているらしく(知らなかった!)
他の作品も読んでみたくなった。
加賀刑事が情があるとても魅力的な人だから。

要約筆記関連

『閻魔大王との再会に備えて』

要約筆記サークルの会報にエッセイの原稿を頼まれ、
『要約筆記との出会い』を書いてみました

                   

 目覚めてみると、そこは知らない部屋。
一人ベッドに横になっていた。夫はどこ?きっと朝ご飯かタバコを買いに行ったのだろう。私は旅行にでも来ていたんだと思い、裸足のままベッドの横に立ち上がってみた。とたんにバランスを崩して強かに額を壁に打ち付けた。えっと思う間もなく人が集まってきて「勝手に立ち上がったらダメ」という夫の恐い顔が見えた。私は意味も分からず、とりあえず夫や他の人達の指示どおりもう一度横になり、そして又すぐ眠りに落ちた。

 それからは、ひたすら悪夢の連続だ。
毎日昼夜を問わず恐ろしい宇宙人が出てきたり、人食い鳥に襲われたり、殺人鬼から逃げ惑ったり、自分のお葬式が始まり棺桶に入れられ火を着けられる。想像できる限りの恐怖体験が続き毎日恐くて震え泣いていた。しかし少しずつ、これは夢なんだと自覚できるようになっていった。そう、ここは病院で、私は入院しているのだ。

 毎日担当の先生が来られて、ここはどこ?名前は?生年月日は?今日の日付は?と同じ質問をされる。生年月日と今日の日付は答えられるのに(カレンダーを見て答えてもOK)、今自分が何歳なのか計算できない(実はずっと後まで10歳以上若く思っていた)。
 入院を知り石川県から駆け付けた父が病名を教えてくれた。『髄膜腫』という脳と頭蓋骨の間にある膜に良性腫瘍ができて、ある日突然意識を失ったがもうすでに手術は終わったと。

 少しずつ快復してくると悪夢も減り、リハビリに精を出すようになった。歩く練習やパソコンでの脳トレゲーム、字を書く練習などだ。4人部屋の病室を離れてリハビリ室に行くのはとても嬉しかった。特に作業療法士の若い女性とおしゃべりをするのがとても楽しかった。鳥取の方言も教えてもらった。暖かい病室から窓の外をみると吹雪。鳥取に大雪が降るなんて思ってもいなかった。砂丘のある県だもの。早く雪の上を歩いてみたかった。この頃やっと引き算ができ、実年齢を知りのけぞった。いつの間にか歳をとっていた。

 入院生活は49日間。退院の日に雪用の長靴を買ってもらった。
まだ怖々だったが、毎日10分程雪の道を歩くのが何より楽しかった。自由に外を歩くだけで楽しかったのだ。さあ、これからまだ知らないこの鳥取の地で何をしようか。考えるとウキウキした。広報紙はまんべんなくチェックし、参加したいイベントは全部参加した。

 やがて春になり、その広報紙で『要約筆記者養成講座』を見つけたのだった。要約筆記が何であるか全く知らず、ただ週一回の講座なら参加できるだろうと気軽に申し込んだ。講座が始まって初めて対人援助技術だと知り驚いた。そんなこと私に出来るだろうか。
 
 しかしあの悪夢の日々を思い出した。一番恐かったのは鬼を従えた閻魔大王に会ったことだった。「人生で何をしたか」と問われ、一言も答えられなかったのだ。何もしていません。子育ても社会貢献も親孝行も何も・・・。
 要約筆記がこの何かになるかは、まだ分からない。しかし人生で出会った一つのチャンスかも知れない。将来閻魔大王に再会したときに答えられるかも。頑張りましたと。

要約筆記関連

『中途失聴者と難聴者の世界』 山口利勝

中途失聴者と難聴者の世界―見かけは健常者、気づかれない障害者中途失聴者と難聴者の世界―見かけは健常者、気づかれない障害者
(2003/08)
山口 利勝

商品詳細を見る


これは、中途失聴者・難聴者とかかわる人の必読書だ。

著者自身、高校時代から次第に聴力を失い、
大学卒業後大手自動車メーカーに就職し13年務めたが退職し、
広島大学大学院に進学、心理学の博士号を取得している。
聴覚障害者の心理社会的発達を研究テーマにした方。

これは研究をまとめられた本で、私にとっては難解な箇所もあり、
完読するのに時間が掛かった。
また、読んでいる間に著者がお亡くなりになったと知ったことは重く、読む責任のようなものを感じることとなった。

私は、要約筆記というものに関わるようになってから、
初めて中途失聴者や難聴者と会う機会があったのだが、
この本でも触れられているが、確かにお一人お一人全く違った
症状(個性)で、その方がどんな特徴をお持ちなのか知ることは、
健聴者にとって大切だが難解なことでもある。
とても流暢にお話をされるのに、こちらから伝えることは音声ではない方法で示す必要がある方、又はまったく言葉を発しない方もいらっしゃる。手話を言語とされる方やそうでない方。

もちろん健聴者だって一人ひとり個性があり、人を理解するのには、それなりの時間がかかる。
何度も会ってから、驚くような発見をすることもある。
しかし大半は、言語を使ってのコミュニケーションによって相手を
知っていく。こちらからの質問に答えてもらったり、また相手の発する言葉からニュアンスまでを読み取って理解する。

その、言語を使ってのコミュニケーションがスムーズに行われなかった場合、健聴者側には読み切れず誤解や無理解が発生し、聴覚障害者側には、伝わらないもどかしさと、あきらめが大きく横たわってしまうということ。ただ、聞こえないということだけで済ませられない問題がそこにはある。

こういった複雑な問題を深く心理的なところまで掘り下げ、健聴者はどういったことを知ればよいのか、そこに何があるのかを詳しく示してあるのがこの本。疑似体験すらできない世界ではあるが、浅くであっても知るということは大切ではないだろうか。

著者の故山口利勝氏には、この本を遺してくださった感謝の気持ちと、ご冥福をお祈りして合掌したいと思います。

ごちそうさま

甥っ子の気遣い

夏休み、社会人になって5年目の甥っ子が、
夫にゴルフを習いにきた。

私達にとっては可愛いかわいい甥っ子だったが、
あっという間に大人の男性になったね。
結婚したときには、まだ幼児で抱っこしたのに 
屈託のない彼の笑みを見るとなんだかくすぐったい。

そんな彼も立派な社会人となり、こんな気遣いをするように。
えらく高級品の果実菓子をお礼に贈ってくれた
IMGP1888.jpg
IMGP1890.jpg

白桃をまるごとひとつ使った『桃泉果』。
夜遅く来たので私は何~にもせず、翌朝は4時半出発というので、
お握りだけを準備して見送ることもしなかった・・・
ごちそうさまー!!!美味しくいただいて夏バテ治りました。
桃泉果

こんなに美味しい桃のお菓子は初めて

源 吉兆庵
東京都中央区銀座7丁目8-9
TEL:03-3569-2360
平日 10:00~21:00 土・日・祝 10:00~19:00

関西には店舗はありませんが、岡山にあるようです。
そして、縁のあった鳥取県米子市には工場が!!

オンラインショップ☆☆☆

要約筆記関連

『漢字表現辞典』朝日出版社

実用漢字表現辞典―筆順・熟語・文例・故事ことわざ実用漢字表現辞典―筆順・熟語・文例・故事ことわざ
(1998/11)
不明

商品詳細を見る

要約筆記をするようになってから、悩まされているのは漢字。

人の書く字は気になるものだ。
人前で大きな字で書くとなると、筆順、はね、とめ、など
自分の字を人からどう見られているかが気になり、
書く自信がなくなってしまう。

パソコン要約筆記では、変換ミスに気をつければいいが、
手書きとなると、ほんと恥さらし
平仮名ばかりで表現する訳にもいかず、
(アホと思われる、そして意味も通じにくい)
「えっとどんな漢字やった?」と一瞬思ったら手が止まり、
つぎの語句が聞き取れなくなる→書けない、と悪い連鎖。

学習会などでも漢字書き取りテストなど
お互いに問題を出し合ったりするのだが、
筆順、はね、とめ、正確な文字の形は、自分で修得するしかない。

「あぁ子供のときにお習字をしていれば良かった」
「漢字をしっかり勉強していれば」なんて、
今更嘆いても仕方のないこと。

一つ一つの漢字に関して、疑問に思ったことは
すぐに辞書を引いて確認すること
一朝一夕には修得できないと諦めて、
地道にやっております。(筆順間違いの矯正も)
忘れていくスピードと維持する力の競争デス

大きなフォントで学習漢字、常用漢字、人名用漢字をすべて
網羅し、筆順、はね、とめ、正確な文字の形
教えてくれるこの辞典は、私の漢字の先生です。

驚いた事

夏バテと朝顔と

前回の記事でも少しふれましたが、私、夏バテしていました
困ったもので、大体毎年、夏の終わりには弱るのですが・・・
今年は早過ぎなので、なぜだか考えてみました。

夏の初めに頂いた“黒糀甘酒”も毎日美味しくいただいて、
    IMGP1870.jpg
冷たいものは控えて、身体を冷やしすぎず、温野菜を食べて、
生姜・ニンニク・香辛料を食事に取り入れてと、
結構頑張っていました。

なのに広島のお客様が来られているときから頭痛が始まって、
丸3日間、偏頭痛と肩こり全身倦怠感に襲われていましたの。

気を遣った訳でもないと思うのですが、
金沢旅行、母の入院のため再び金沢4泊5日を2回往復、
すぐ姑の誕生日の御祝い、お盆にはお客様が広島からと甥っ子と、
その間にも要約筆記の派遣や研修、所用が入り・・・

こうやって羅列すると要するに体力を使っておりますな。
年々体力が落ちていて恐いほどですが、加減しないとね。

あ、8月中には忙しい中健康診断も受けました。
これは全く異状なしで安心していたのですが

3年前に病気をするまでは頭痛といえば即、頭痛薬を!!
という生活でした。頭痛薬はホントに麻薬のように効くのですから。
服用して10分から30分で気持ちよく酔ってくるように(恐)。
いつも持ち歩いていました。

すぐに効く、それは分かっていたけれど今回の久しぶりの頭痛は、
自分の身体の力で治そうと決心し、ストレッチと肩シップ、入浴、睡眠、減食(無理して食べない方が楽)で乗り切りました。
その分快復まで時間が掛かったようです。
けれど良くなったときには妙な達成感を感じました。

毎朝、違った顔を見せる朝顔に元気をもらい、
もう少し夏を楽しみたいと思います。

朝顔だけは、種を蒔いてよかったな~と思いました。
たった数百円でこの楽しみですから。
    asagao1.jpg
写真 2
asagao4.jpg
asagao2.jpg
asagao3.jpg

種は、ミックスがお薦めです。色々咲いて楽しいですよ。

奈良キラリ

みやけ 旧鴻池邸表屋/和菓子

すっかり夏バテだったので(もう回復しました
記事が遅れ遅れですが・・・

広島の客人がお土産のお菓子を買いたいとの所望に、
お連れしたおすすめの和菓子屋は『みやけ』です。

三宅外観
みやけ庭
明治40年から続く和菓子の『みやけ』の店舗は、
江戸時代の豪商 鴻池邸表屋を、大阪今橋より移築復元したもの。
美しい店舗に絶品の和菓子が並び、優雅な人をご案内するのには
ぴったり

お盆に行きましたが、10時オープンのお店に15分過ぎに着いたときには既に駐車場8台分は満車。
カフェスペースには長蛇の列(14組待ち)
テイクアウト店内も何人もお客さんが
すみません、そんな人気店だとは知らなかったデス
ご案内した広島の方は、大喜びでお土産を大量購入

私も調子に乗っておやつを便乗購入しました。
みやけお菓子
まぁーおいしかったこと 
厳選された小豆や宇治抹茶など素材の良さがよく分かりました。

『みやけ』 旧鴻池邸表屋(HPはこちら☆☆☆
奈良市鳥見町1丁目5-1
定休日:日曜日
TEL:0742-51-3008

=おまけ=
“なら燈花会”に初めて行きました。(HPはこちら☆☆☆
興福寺辺り。
燈花会 燈花会/興福寺

奈良キラリ

かこむら/懐石料理

広島からやって来た客人の趣味は、
ミシュランガイドに載っているお店の食べ歩きでした。
(ミシュランガイドとはWikipedia☆☆☆

お膝元広島では3つ星のお店に通いつめ、
いわゆる“顔”になったとか~ステキ♡
今年に入ってからは京都祇園にも出入りし“お座敷遊び”もする
優雅な御仁なのです。(なぜ私達と仲良くしてくださるのか

ともかく「奈良のミシュラン星獲得店へ行きたい」ので、
関西版ミシュランガイド本を買いたいと言われた。
「え?だいたい奈良に星を持つお店があるの??」
戸惑う私達に、本屋へ連れて行って欲しいとおっしゃるので、
何件かハシゴをしましたが、どこにも取り扱いがない。

仕方なく帰宅しネットで検索してみたら・・・
2014年認定で19店舗も。ちゃんとありました
星3つや2つのお店は、当日予約は受付けていなかったので、
今回星1つの『懐石料理かこむら』へ出掛けることにしました。

びっくりの小さなビルの一番奥隅の小さな店舗
    かこむら外
揚げ出しおさしみ
オクラの汁物焼き魚
 はすの葉2
オコゼ唐揚げにゅうめん
    はもと松茸
小芋ごはんと蛤椀水菓子

この方の趣味のお陰で私達もすご~~く
優雅なお食事をいただくことができました。

懐石料理かこむら
奈良市角振新屋町10パーキング奈良2F
TEL・FAX:0742-24-1070

広島の御仁いわく、星1つの原因はお酒の種類が少ないからかな。
だってー お料理は完璧でした


奈良キラリ

橿原神宮と石舞台

広島から夫の友人が泊まりにきてくれた。
どこか案内しなくては・・・

大仏殿や奈良公園付近は前に行ったので、ちょっと変わったところへ。雨模様でしたが、大和三山の畝傍(うねび)山、耳成(みみなし)山、香具(かぐ)山を車中から眺めつつドライブし、万葉の世を思ったりした。春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山皆さんも学生の頃暗唱されたでしょう?
爽やかな夏感覚ですね~

そして『橿原神宮』へ(Wikipedia☆☆☆
畝傍山の東麓に位置し、初代天皇の神武天皇を祀る。
2月11日の建国記念日はこの天皇が即位した日なんだって!
橿原神宮1
橿原神宮3
橿原神宮4
この広~い境内が落ち着く。風もあり爽やかだった。

その後『石舞台』(Wikipedia☆☆☆)へ。
古墳時代後期の蘇我馬子が埋葬(626年死去)されたといわれている。神武天皇は神話の世に生きた人ですが橿原神宮のお社が明治時代のものだから、この石舞台を見ると馬子の方が古代の人に思えてしまう。感覚的に捉え難いですね~(私だけか
石舞台1
石舞台2
石舞台3
まあ、お墓なんだけど・・・
中はひんやりと涼しくて気持ちよかった。

この辺りは滅多に行くことがないので興味深く歴史の勉強ができました。もちろん客人の方が詳しかったです

要約筆記関連

『音のない世界と音のある世界をつなぐ』松森果林

音のない世界と音のある世界をつなぐ――ユニバーサルデザインで世界をかえたい! (岩波ジュニア新書)音のない世界と音のある世界をつなぐ――ユニバーサルデザインで世界をかえたい! (岩波ジュニア新書)
(2014/06/21)
松森 果林

商品詳細を見る

とにかく前向きで明るく元気な女性、
というのが私がこの本から受けた著者の印象。
「私の特性、そして強みは聞こえないことです」
冒頭で宣言してしまう強さ。

ユニバーサルデザインコンサルタントとして活躍する著者は、
小学4年で右耳を、中学から高校にかけて左耳の聴力を失う。
次第に周りとのコミュニケーションが難しくなり、絶望的な気持ちに
陥っていくが、やがて手話に出会い希望を見つけた。

主婦で母である聴覚障害者として、まずは自分が不便に感じる
日常のことをどうすれば解決することができるのか。
自ら知恵を絞り、周りに訴え改善していく。
そして、それは聴覚障害者のためだけでなく、すべての人、
障害者、子ども、老人、妊婦、外国人、この社会に暮らす人々が、
快適に安全に生活するためにユニバーサルデザインの考え方を
広める活動となっていく。

何より驚くのは行動力と決して諦めない持久力だ。
企業に提案が却下されてもめげない。
不満や問題点を指摘するだけではなく、どう変えて欲しいのかを
具体的に示し、前向きな発想と言葉で提案していく。
そうするうちに共感する人が現れ改善されていくのだ。

それは、どんな人にとっても同じではないだろうか。
辛いこと困っていることは諦めないで言葉にして伝える。
例えば身近な人とのコミュニケーション一つ取っても、
なかなか簡単そうで伝えることは難しい。
不満があっても伝えられない、しかし諦めてしまえばそれまでだ。

前向きに明るく積極的に生きねば人生もったいない
いろいろ教えられた。


驚いた事

バルーン カイフォプラスティ

母の手術が決まったというので、再び金沢へ行きました。

    写真 1
   朝顔写真 1朝顔写真 2
朝顔のお世話は夫にお願いして

2010年に国の承認が得られたばかりの新しい治療法、
Balloon Kyphoplasty(バルーン カイフォプラスティ)という手術です。バルーン(風船)状の手術器具で骨セメントをひしゃげた腰椎に注入するとそのまま固まって痛みが改善するそうです。

手術せずに従来通りコルセットで固定する方法でも
いずれ(何ヶ月もかかるが)痛みはなくなります。

手術のリスク、全身麻酔のリスクを鑑みても、
温存するうちに脚の筋力が落ち、認知症悪化を考えると・・・
一刻も早く日常生活に戻ったほうが良いとの主治医の説明に
父も決心し病院にお任せすることになりました。

高齢で肺や心臓も弱っていて全身麻酔と思うと私も不安でしたが、
激痛に顔をしかめる様子を見るとかわいそうで、賛成しました。

手術翌日の母は、劇的に痛みから解放され笑顔も見られました。
一安心。後は傷口を治し、リハビリで脚や腹部の筋力です。

前回4泊5日で来たときとは、大違いの今回の4泊5日でした。
まだ、以前に作った冷凍食品も残っていたので、今回は私と父の食事と洗濯ぐらいで、後は病院で母の食事時お茶くみをしたり歩行器を使ってのリハビリに付き合うことができました。あ~良かった。
母は今回も私の服装についてあれやこれや感想を言ってました

あと一週間から10日で退院となるので、その後の自宅
お風呂やベッドの使い勝手を母に合わせて(手すりなど)必要なら
改装するそうです。

またそのころに実家を訪ねてみましょう。
夫や姑には快く理解してもらい幸いでした。
こんな鬱陶しい記事を読んでくださった皆様にもありがとう

    写真 5
乗り換えの京都駅。台風が迫ってきています。
カウンター
プロフィール

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ