FC2ブログ

2013読書

『プリズム』 百田尚樹

プリズムプリズム
(2011/10/06)
百田 尚樹

商品詳細を見る


聡子は、裕福な家庭に家庭教師に行くことになった。
広大な敷地に建つ豪邸には美しい庭がひろがり、
ひとときの安らぎを感じていたのだが、
そこで離れに住む一人の男性とめぐり会った。
魅力的な男性に惹かれていくが、実は彼は多重人格者だった。

多重人格の説明については、素人にも分かるように説明があり、
ダニエル・キイス著の『24人のビリー・ミリガン』も引き合いに出され
物語の中でかみ砕いて説明はされる。
しかしその小説を読んだときに受けた以上の衝撃は感じられなかったし、そもそもこの精神疾患自体が私の想像力を越えているのだと思う。感覚を理解しがたかった。

そのため物語の着想は面白く、著者の力量により興味をひかれたが、
恋愛小説としても感情移入が難しかった。
これは、私の恋愛力不足か・・・

恋愛小説の好きな方が読むと泣けると思う。

なんでも、この作品は百田尚樹氏初の恋愛ものだそうだが、
男性の友情を書かれた小説が素晴らしく輝いていたので、
私は期待を膨らませ過ぎたのかも知れない。
女心は、女でも理解が難しいものですね。
関連記事
次のページ
『出雲阿国展』 島根県立美術館
新着
卒業します
京都不思議発見
2017年来ましたね
乗り切りました
荒地盗人萩
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ