FC2ブログ

2013読書

『虹とノストラダムス』 太田忠司

虹とノストラダムス虹とノストラダムス
(2012/10/11)
太田 忠司

商品詳細を見る


ノストラダムスの大予言、知ったときは小学生ながら動揺した。
(大予言の書知らない方はクリックしてください☆☆☆

どうせ人類は滅亡するんだから、もういいのでは。
宿題しなくても、明日のテストの勉強しなくても。
先生に怒られても、どうせ1999年に皆死ぬねん!!

何年生の頃か忘れましたが、テレビでは『終末ブーム』で
日本沈没、宇宙人の襲来、大気・水質汚染による人類の終わりという
話題が持ちきりだった。
初めて虚しいという感情を知ったのかもしれない。

この後、私と同世代がオウム真理教など新興宗教に傾倒していった。

この小説の主人公は、ノストラダムスを知ったとき高校生だった。
高校では、ノストラダムス予言書の訳本が回し読みされ、
“恐怖の大王”の正体は何か、自分達の未来はどうなるのか、
分からないまま、その疑問は心の奥深くに刻み込まれる。

私が占いを全く信じなくなったのは、1995年の阪神淡路大震災から。
この大惨事を予言できないのに、今日の運勢がわかる訳がない。
そのままノストラダムスも忘れ去り、東日本大震災だ。むなしい。

この小説を読んで、その頃のもやもやを思い出した。

人生先には何が起こるのか分からない。まして占いでは。
けれど死ぬまで人生は続くし、精一杯今日を生きていこう。
自分に出来ることを小さく重ねて行くのが人生。
関連記事
次のページ
セヴーの森の蔵りすと
新着
卒業します
京都不思議発見
2017年来ましたね
乗り切りました
荒地盗人萩
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ