FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013読書

『死神の精度』 伊坂幸太郎

死神の精度死神の精度
(2005/06/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


直木賞候補になった作品。第57回日本推理作家協会賞短編部門受賞。
文庫を合わせて100万部を突破。

『死神』と『精度』このことばのシャープさ冷淡さに惹かれたが、
実は、この小説の主人公の死神はどちらかというと
ユーモラスでちょっとズレていて笑える。

死ぬべき人間のもとに派遣され、死を「可」とするか、
見送るかを決める仕事をしている。
音楽を愛し、CDショップで試聴するのが何よりも楽しみ。

人間社会のことを知っているようで知らない死神・千葉は、
言葉を交わせば大真面目でオヤジギャグを言ってしまうようなキャラ。

いつ誰に死が訪れてもそれは自然で必然。
死は日常であると千葉を通して軽妙に納得させられる。

今年、この作品の長編が発行されている。読んで見たい。




関連記事
次のページ
チーズフォンデュ~♡
新着
卒業します
京都不思議発見
2017年来ましたね
乗り切りました
荒地盗人萩
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。