FC2ブログ

2014読書

『眠りの森』東野圭吾

眠りの森眠りの森
(1989/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


加賀恭一郎シリーズの第2弾をやっと読んだ。

実は、この間にもう一冊、全く関係の無い本を“お付きあい”として、
断れず興味もないのに読みました。
受けとってすぐにお断りしたら良かったのに・・・

題名からして怪しい、それは新興宗教女性教祖の本でした。
貸してくれた人に「大変感動したんです。ぜひに!」と迫られ、
割とこうしたことをスパッと断れるようになった最近の私のはずが、
その勢いにうっかり受けとってしまいました。

仕方がなく読んだのですが、最後まで全く興味がわかずでした。
5名の体験談が書かれていたのですが、確かにその体験としては、
人生の大変な時期を乗り越えた経験、苦労、受けた人情について
書かれていましたが、そこに何故教祖が絡むのか理解できず、
各人の個々の力によって乗り越えたとしか思えませんでした。

その後、本の感想を*オブラートに包んで*告げると、
*集会*へお誘いがあったのですが、それは、スッパリ
お断りできました
この断りは、昔むかしモテた時代(あったのね?)に
男の子のお誘いをキッパリ冷たく断ったように一刀両断
中途半端だとお互い後で困るからデス

なんて・・・しょうもない話を挟みましたが、
この刑事、加賀恭一郎シリーズは加賀がものすごく
魅力的な人物として描かれているので、ワクワクします。

シリーズ一作目『卒業』では剣道学生チャンピオンだった加賀は、
一旦教職についたものの挫折し、嫌っていた父と同じ刑事と
なって登場します。

舞台は、バレエ団における殺人事件。
世間が思う、優雅で華やかなバレエダンサー達の現実の生活は、
ストイックで閉鎖的、苦しみと向上心がせめぎ合うギリギリのもの。

起こった殺人事件はすぐに、犯人の特定がつくと思われたのに、
実は複雑に絡み合ったダンサー達の心情が邪魔をして、
加賀を悩ませる。そうしているうちに第2の殺人が起こってしまう。

私は、バレエを観るのが好きなのですが、チケットが高いので鑑賞は数えるほどしかありません。もっぱらテレビです。しかしその優雅さ厳しさをしっかり再現した作者の取材力と筆致に感心。華やかな場所で起こる殺人という現実離れした出来事に夢中になった小説でした。
関連記事
次のページ
気持ち悪いけど美味しい魚
新着
卒業します
京都不思議発見
2017年来ましたね
乗り切りました
荒地盗人萩
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ