FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015読書

『悪人』 吉田修一

悪人悪人
(2007/04/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


何か凄い小説でした。
題からもすでに強いメッセージを感じますが。

若い女性が山の中で殺害され遺棄される。その事件を追うマスコミが彼女の交友関係を調べ上げ、犯人像を打ち立て、世間の人はテレビの前で想像する。今の世の中恐ろしいことに日常となっている。

この小説の表層だけをとらえれば、まさにそんな事件から始まる。
『悪人』は、犯人と決まっていて凶悪犯と呼ばれる、普通は。
ところが、読み進めると一体誰が『悪人』なのか分からなくなる。

殺された女性と犯人、そしてその二人に関わりのある親、恋人、親戚、友人、職場の人間、ただの知り合い、その知り合いの知り合いと人間関係が広がっていくが、登場する普通の世間一般の人々が全員『悪人』に思えてくる。
また反対に気持ちの上では全員が『善人』にも捉えられるという不思議なカオスに陥ってしまうのだ。

人間というもの、普通の人々も悪人でもあり善人でもある。
一人の人間の中には善悪が必ず表裏一体、両方の性質を持っているという事実が突きつけられる。
自分は善人である、と普段思っている私も悪人であった。
忘れがちだけど事実だ。
関連記事
次のページ
なら瑠璃絵
新着
卒業します
京都不思議発見
2017年来ましたね
乗り切りました
荒地盗人萩
Comment
u子さん
映画になったら凄みが増しそうですね。

ニュースで観る事件にもこんな背景があるのかなと
思ってしまいます。
善悪について考えさせられました。
吉田修一
引き込まれる小説ですよね。映画も良かったです。
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。