スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016読書

『もし高校野球の女子マネージャがドラッガーの「マネジメント」を読んだら』岩崎 夏海

         もしドラ

 長ーい題名。映画やアニメになった今は略して『もしドラ』で通用する。2009年に発売されてすぐ話題になり書店の正面を飾っていたが、そのときにはこのアニメを意識した表紙に嫌悪感をいだき(オバサンはね)手に取らなかった。

 先日古本屋で250円で売っているのを見つけて、ドラッガーって?マネジメントって何だ?と読むことにした。『マネジメント』に関するビジネス書を女子高生キャラクターが解説するのかと思っていたら少し違った。

 完全にスポーツ青春物語。題のとおり女子高生のみなみがマネージャーをする野球部を甲子園に出場させるにはどうすればいいかをドラッガーのビジネス書を参考に奮闘する。その過程でマネジメント、マーケティング、人の強みとは、イノベーション、真摯さとは、などを学び野球部を盛り立てていく。
 
 この小説を読んでマーケティングの概要に触れた感じ。そしてチームスポーツの素晴らしさも分かった。学生時代にチームスポーツ経験しなかったことを後悔した。こんなにも感動するものだったんだ。通勤電車で読みながら何度泣きそうになったか。オバサンでもスポーツ青春物語で泣けた。そして野球が好きになった。今年の夏の高校野球は観戦してみよう。TVでしか無理だけど。オバサンは暑さに弱いから。

2016読書

『デフ・ヴォイス』 丸山正樹著

      デフ・ヴォイス

なんだって~
今年読書していなかった・・・
何かとバタバタ時間に追われている今のわたし。
図書館からもすっかり足が遠のいてしまいました。
この本は偶然入った書店で平積みになっていて迷わず手にしたもの。

推理小説なのに、聴覚障害者の置かれる現状と聴者との間に立つ手話通訳者の葛藤が強くなぞられ就寝前に読むとうなされた

『聴覚障害者』と『ろう者』の違い、『日本手話』と『日本語対応手話』の違い、そして家族達。要約筆記の勉強を3年以上続けている私も知らないことがいっぱいあった。ただ庇護の対象としての障害者支援ではなくお互いに尊重しあい、同じ時代に生きる者としてどうすべきかのヒントがこの小説にはある。それは、作者が障害のある妻を介護しながら書いた小説だからかもしれない。

私が鳥取県に住んでいた2013年、同県は全国で初めて『手話言語条例』を制定した。ニュースには涙を流し肩をたたき合って喜ぶ当事者と支援者の姿が流れていた。しかしその感動は本当に入口であり、これからもずっと社会の課題であるとこの小説に教えられた。
人が他者を心底理解することは到底不可能と思える。しかし葛藤しながらも理解しようとすることが最も肝要。
カウンター
プロフィール

Namiko

Author:Namiko
2011年7月~2014年3月
 鳥取県米子市に在住
2011年12月
 人生観が変わりました

心の声に耳を澄ませて
会いたい人にはすぐ会う
行きたいところには行く
いつもにっこり微笑んで
毎日の生活に幸せを探す

米子での楽しかった日々を糧に
奈良でも自分磨きをし、
ピカピカに光りたいと思います

みずがめ座A型
要約筆記勉強中
LOVE福山雅治

小鳥たちが飛び回るブログパーツ

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。